Twitterのいいね!やリツイート数などツイートの統計値を表示してくれるスタッツ機能が復活したTwitterクライアント「Tweetbot 7.0 for iOS」がリリース。

スポンサーリンク

 Twitterのいいね!やリプライ、リツイート数をグラフ化して表示してくれるスタッツ機能が復活したTwitterクライアント「Tweetbot 7.0 for iOS」がリリースされています。詳細は以下から。

Tweetbot 6 for Twitter

 Twitterクライアント「Tweetbot」シリーズを開発&販売しているTapbotsは現地時間2022年02月08日、Twitter V2 APIを利用し、Twitterのいいね!やリプライ、リツイート数などツイートの統計値(影響力)をグラフ化して表示してくれる「スタッツ(Stats)」タブを復活させた「Tweetbot 7.0 for iOS/iPadOS」を新たにリリースしています。

Tweetbot7

 Tweetbotのスタッツタブ(旧Activity and Stats tabs)は、2015年にリリースされたTweetbot 4.0 for iPhoneで導入された機能で、ユーザーのツイートのいいね!やリツイート、リプライ、引用数、1日のツイート数、フォロワーの増加をまとめて、過去7日間でグラフ化して表示してくれましたが、Twitterが2018年08月16日に新API“Account Activity API”へ移行したことで、Tweetbot v4.9 for iOSで廃止になっていました。

Tweetbot for iOSのアクティビティビュー

Tweetbot 4のActivity and Stats tabs

 新たにリリースされたTweetbot 7.0 for iOS/iPadOSでは、Twitterが2021年11月より運用を開始した”Twitter V2 API”により、このスタッツタブが復活し、本日/過去7日間のいいね!やリツイート数の統計を確認できるようになっている他、影響力の強い(いいね!やリツイート数が多い)ツイートも一覧に表示されるようになっているので、Tweetbotユーザーの方はチェックしてみてください。

Tweetbot 4.0と7.0のスタッツ

Tweetbot 4.0と7.0のスタッツタブのデザイン

 Tweetbot 7.0 for iOS/iPadOSでも全ての機能をUnlockできるサブスクリプションの価格は変わらず、月額100円または年額650円となっており、Tapbostは年内にもTweetbot for Macのアップデートも計画しているそうです。

Tweetbot 7.0 for iPhone/iPad

  • Return of the Stats tab
  • New Themes