Python 2.7が削除される「macOS 12.3 Monterey」では、Python 3の同梱もされないもよう。

スポンサーリンク

 Python 2.7が削除される「macOS 12.3 Monterey」では、Python 3も同梱されていないそうです。詳細は以下から。

プログラミング言語Pythonのロゴ。

 Appleは現地時間2022年01月27日、開発者向けにmacOS Montereyの3rdアップデートとなる「macOS 12.3 Monterey」Beta 1を公開し、このアップデートで、2020年にEOL(End of Life)となった「Python 2.7」を削除すると発表しましたが、

Python 2.7 was removed from macOS 12.3 Monterey

Python Deprecations
Python 2.7 was removed from macOS in this update. Developers should use Python 3 or an alternative language instead. (39795874)

macOS Monterey 12.3 Beta Release Notes – Apple Developer

Beta版にアクセスした開発者によると、macOS 12.3 MontereyではPython 2.7の代わりに使用が推奨されている「Python 3.x」も同梱されていないようです。

 macOSのスクリプト言語に関してAppleは、2019年にリリースしたmacOS 10.15 CatalinaからPython 2.xの使用を非推奨として、代わりにPython 3.xを利用するように開発者に通知し、将来的にはスクリプト言語のランタイムを同梱せずダウンロード方式にすると発表。

Python, Ruby, and Perlが廃止

 既にPython 3コマンドを利用しようとするとAppleのCommand Line Toolsに同梱されているPython 3をダウンロードするように既に仕様が変更されていますが、macOS 12.3 Montereyでも、この仕様に変更はなく、Pythonはphp同様macOS Montereyから姿を消すことになりそうです。

macOS 12.0.1 MontereyでのPython3コマンド

macOS 12.0.1 MontereyでのPython3コマンド

スポンサーリンク

おまけ

 Python自体は既にPython 3.8以降でIntel(x86_64)とApple Silicon(arm64)をサポートしており、インストーラーもPython 3.9.1以降でUniversal Binaryバージョンが公開されているため、開発環境にはあまり大きな影響はないと思われます。