選択したテキストやURL、ファイルにアクションを適用できるUniversal Actionsをサポートした多機能ランチャー「Alfred v4.5」がリリース。

New in Alfred 4.5 Alfred
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 選択したテキストやURL、ファイルにアクションを適用できるUniversal ActionsをサポートしたMac用多機能ランチャーアプリ「Alfred v4.5」がリリースされています。詳細は以下から。


 英Running with Crayons Ltdは現地時間2021年08月02日、2019年にリリースしたMac用多機能ランチャーアプリAlfred v4.0のマイナーアップデートとなる「Alfred v4.5」をリリースしたと発表しています。

New in Alfred 4.5

Alfred 4.5 brings a new Powerpack feature; Universal Actions. Take any text, URLs or files and perform actions on them from anywhere within Alfred or on your Mac using your Universal Action hotkey.

New in Alfred 4.5 – Alfred

 Alfred v4.5では新たにAlfred 4 Powerpackライセンスをお持ちのユーザーに対して選択したテキストやURL、ファイルに60を超えるアクションを適用できる「Universal Actions」機能が追加されており、

Universal Actions

例えばテキストならばプレーンテキスト化や大文字化、メールで送信、Finder, Google, Amazon, Twitter, Stack Overflow検索、翻訳といったアクションをグローバルショートカットキーで表示可能なリストから選択するだけで実行できるようになっています。

Alfred 4.5 add Universal Action Text Action

 Universal ActionsはAlfredのWorkflowにも適用可能で、Alfred Powerpackはシングルライセンスが29ユーロ(約3,760円)、Mega License(Lifetime Upgrades)が49ユーロ(約6,350円)となっているので、興味のある方は購入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました