Apple、WWDC21のパビリオンやセッション、ラボに対応した「Apple Developer for Mac/iOS v9.2」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがWWDC21のパビリオンやセッション、ラボに対応した「Apple Developer for Mac/iOS v9.2」をリリースしています。詳細は以下から。

Apple Developer

 Appleは現地時間2021年06月01日、日本時間6月8日午前2時から完全オンラインで開催される世界開発者会議(WWDC21)のパビリオンやセッションビデオ、1対1のラボ、コーディングとデザインのチャレンジなどに対応した開発者向けアプリ「Apple Developer v9.2」をMacやiPhone, iPad, tvOS向けに提供しています。

‎Apple Developer for iOS/iPadOS WWDC21

フィードバックをありがとうございました。このリリースには以下の新機能が含まれます:

  • 重要なニュース、おすすめの記事、およびWWDCのコンテンツについての通知を受け取ることが可能。
  • パビリオン、セッションビデオ、1対1のラボ、コーディングとデザインのチャレンジなど、WWDC21で提供されるすべてを閲覧可能。
  • Developer App内から直接WWDC21のラボに登録可能。今後の予定についての通知も受け取れます。
  • バグ修正とその他さまざまな機能向上。

‎Apple Developer – App Store

 Apple Developer v9.2はiOS 14.1/iPadOS 14.1以降を搭載したiPhoneやiPod touch, iPadおよびmacOS 11.1 Big Surを搭載したMac、tvOS 14.3以降のApple TVで利用可能で、AppleはDeveloperアプリのアップデートと同時に、

Apple Developer for Mac WWDC21

WWDC21の期間中、開発ツールやSwiftUI、アクセシビリティ、機械学習の各分野のAppleのエンジニアやデザイナーとディスカッションできるテキストベースのQ&AサービスDigital Loungeを開設し、その事前登録を開始しているので、気になる方は登録してみてください。

Apple WWDC21 Digital Lounges register