米Anker、6つのマイクを利用したクリアな音声通話と状況に応じたANCをサポートした完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」を発売。

スポンサーリンク

 米Ankerが6つのマイクを利用した、よりクリアな音声通話と状況に応じたANCをサポートした完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」を発売すると発表しています。詳細は以下から。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

 米Ankerは現地時間2021年01月12日、CES2021にあわせてイベントを開催し、同社のオーディオブランドSoundcoreから完全ワイヤレスイヤホンのハイエンドモデルとなる「Soundcore Liberty Air 2 Pro」を新たに発売すると発表しています。

Liberty Air 2 Pro

 オンラインで行われた発表イベントにはNe-YoやColbie Caillatさんなどグラミー賞受賞者が参加していますが、Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴はイヤホンのUpper, Internal, Lowerに組み込まれた6つのマイクを利用したノイズキャンセリング対応の音声通話と、交通や屋外, 屋内といったシーンに合わせて設定できるターゲット型のANC(Targeted Active Noise Cancelling)で、

Soundcore Liberty Air 2 Proの特徴

Ankerによれば、新しいANCのTransport Modeはエンジン音など交通機関の雑音をターゲットにし、通勤/通学中の騒音を最大90%のカット、さらにPureNote™ Technologyという新しい10層のナノレイヤーを利用したサウンドドライバは低音を45%以上ブーストし、周波数帯域幅を30%広げてくれるそうです。

 また、2019年11月に発売されたLiberty Air 2同様、充電はUSB-C/Qiワイヤレス充電に対応し、1回の充電で最大7時間、新しいデザインになった充電ケースを利用すれば最大26時間の音楽再生が可能で、

Soundcore Liberty Air 2 Proケース

これまでブラックとホワイトモデルしかなかったカラーバリエーションも、ブルーとピンクが追加され、ターゲットANCやHearIDなどが設定できるSoundcoreアプリにも対応しており、9サイズ(XXXS/XXS/XS/S/M/M+/L/L+/XL)のイヤーチップを同梱。

Liberty Air 2 Proのカラー

 Soundcore Liberty Air 2 Proの価格は129.99ドルとLibertyシリーズのハイエンドモデルLiberty 2 Proと同じ価格帯となっており、公式ストアやAmazon.comでは既に販売が始まっています(発送は2~3月頃)が、Liberty Air 2 ProはQualcomm aptXには非対応で防水性能はIPX4となるそうなので、気になる方は公式サイトなどをチェックしてみてください。

Liberty Air 2 Pro Liberty Air 2 第2世代 Liberty Air
外見 Soundcore Liberty Air 2 Pro Soundcore Liberty Air 2 Anker Soundcore Liberty Air 2nd Gen
型番 AK-A3951011 A3910011 AK-A3902011
接続方法 Bluetooth 5.0
BTプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP A2DP, AVRCP, HFP 2DP, AVRCP, HFP, HSP
防水性能 IPX4 IPX5
イヤホンのみでの
再生時間
7時間
最大再生時間 26時間 28時間
対応コーデック AAC / SBC AAC / SBC / aptX
重さ 約62g 約53g
音声通話 6つのマイクによるアップリンク・ノイズリダクション Qualcomm cVc8.0による4マイクを利用したノイズリダクション
ワイヤレス充電 対応 非対応
充電ポート USB-C MicroUSB
その他 Soundcoreアプリ
HearID 2.0
タッチ操作
Soundcoreアプリ
HearID
タッチ操作
aptX
タッチ操作
aptX
価格 12,980円 7,999円 6,999円
リンク Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp

コメント

  1. 匿名 より:

    libertyair2ワイヤレスいけるやろ