オープンソースのMac用バイナリエディタ「Hex Fiend」がIntelとApple Silicon MacをサポートしたUniversal Binaryに。

スポンサーリンク

 オープンソースのMac用バイナリエディタ「Hex Fiend」がIntelとApple Silicon MacをサポートしたUniversal Binaryアプリとしてリリースされています。詳細は以下から。

Hex Fiend

 Hex Fiendのメンテナンスを行っているBoxエンジニアのKevin Wojniakさんは現地時間2020年11月16日、Beta版を公開し開発を続けていたMac用バイナリエディタ「Hex Fiend」をApple Silicon Macでネイティブ動作するUniversal 2化したと発表しています。

Hex Fiend Universal Binary

80-bit floatsインスペクターはIntel命令セットに依存しているため現在のところApple Silicon Macでは利用できません。

 Hex Fiendは元AppleのエンジニアのPeter Ammonさんが2005年から開発を続けているオープンソースのバイナリエディタで、公式サイトに公開されている旧バージョンを含めるとPowerPC/Intel/Apple Siliconアーキテクチャをサポートしていますが、

Binary viewのRead Only Mode

最新のHex Fiend v2.14.0では最小システム要件がOS X 10.11 El Capitan以上となり、Binary ViewにもRead-Onlyモードが適用されてるようにアップデートされており、現在Beta版のv2.14.1bではBig Surスタイルのアイコンも導入されているので、Apple Silicon Macユーザーの方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

リリースノート

  • macOS 10.11 or later is now required
  • Hex Fiend is built as a universal app for native support on Apple Silicon Macs
    • 80-bit floats in the data inspector are currently disabled as they rely on Intel instruction
  • Fix the data inspector’s plus and minus buttons not rendering correctly on Big Sur
  • The default alternating row color in light mode is now the system color, like dark mode
    • To use the classic blue color, run in Terminal: defaults write com.ridiculousfish.HexFiend UseBlueAlternatingColor -bool true
  • The binary templates view can be resized by holding down the Command key when resizing the window. The manual size field in Preferences has been removed
  • Add an informative “Welcome” popover when Binary Templates are first shown
  • Binary template column state is now saved and restored
  • Allow the Binary data inspector to be editable
  • Add an experimental read-only Binary view
  • Improve 4 and 8-bit decimal formatting (thanks @wader)
  • Add a “Show in Template” feature which selects the deepest template node for a given position (thanks @wader)