Apple、2020年09月のスペシャルイベントのロゴをARで動かせるUSDZファイルを公開。

スポンサーリンク

 Appleが2020年09月のスペシャルイベントのロゴをARで動かせるUSDZファイルを公開しています。詳細は以下から。

ARKitのアイコン。

 Appleは現地時間2020年09月08日、米太平洋標準時09月15日午前10時、日本時間09月16日午前02時よりスペシャルイベントを開催すると発表しましたが、そのスペシャルイベントのロゴを現実の空間にオブジェクトとして映し出せるUSDZファイルを公開しています。

Apple 2020 September イベントUSDZ

 米Pixar Animation Studiosが開発しているUSD(Universal Scene Description)の拡張フォーマット「USDZ」はiOS 12/macOS 10.14 Mojaveでネイティブサポートされており、2020年09月のスペシャルイベントのロゴのUSDZファイルはiPhoneやiPadでApple EventsのWebサイトへアクセス、ロゴをクリックすれば表示されますが、ソースコードからusdzファイルを探し出しダウンロードすればmacOSのプレビューファイルやXcodeで確認することができます。

 また、このスペシャルイベントに合わせて、先月Appleのワールドワイドマーケティング担当SVPになったGreg Joswiak(@gregjoz)さんが、Twitterを始め(アカウント作成は2011年)、スペシャルイベントのARロゴを初ツイートしているので、気になる方はチェックしてみてください。

カリフォルニア州クパティーノ──Appleは本日、フィル·シラーが Apple フェローに就任し、1987年に始まる輝かしいキャリアをさらに継続していくことを発表しました。シラーは AppleのCEO(最高経営責任者)ティム·クック直属の職務に就いて引き続き App Store と Apple Events を統括していきます。グレッグ “Joz” ジョズウィアックは長きに渡りプロダクトマーケティング部門を率いてきましたが、今後はワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントとして経営チームに参画します。

フィル・シラー、Apple フェローに昇格 – Apple (日本)