AgileBits、ChromeやFirefoxに対応したパスワード管理ブラウザ拡張「1Password X 1.21.3.beta」でAppleのPassword Manager Resourcesの情報を統合。

スポンサーリンク

 AgileBitsがChromeやFirefoxに対応したパスワード管理ブラウザ拡張「1Password X 1.21.3.beta」でAppleのPassword Manager Resourcesの情報を統合しています。詳細は以下から。

1Password v7 for Mac

 Appleは2020年06月、同社のデフォルト・ブラウザであるSafariに利用しているPassword Manager Resources (以下、PMR)をオープンソースで公開しましたが、カナダAgileBitsが開発しているパスワード管理サービス1Password.comのChrome/Firefox用ブラウザ拡張「1Password X」がv1.21.3のBeta版でこのPMRの情報を統合/利用し始めたそうです。(コメント欄でのご指摘ありがとうございます。)

This update temporarily removes the Desktop App Integration feature while we retool it to work with more of our Apps (including Linux!), improves password suggestions using Apple’s Password Manager Resources repository, and greatly improves the convenience of filling Credit Cards by allowing you to fill from a Cardholder Name field.

1Password X Release Notes – 1Password.com

 AppleのPMRには、MicrosoftやYahoo!, Nintendoなど主要なWebサービスのパスワード・ルール(文字数など)やパスワードが漏洩した際に表示するパスワード変更画面のURLWell-Known URL for Changing Passwordsなどの情報がまとめられているため、

今後、正式にリリースされれば1Password XもSafariと同じく主要なWebサービスで適切なパスワードを作成できる機能やパスワード漏洩時にパスワード変更画面を表示する機能などが追加されると思われます。

1Password X 1.21.3.beta

1Password X beta (1.21.3)はGoogleウェブストアやFirefox Add-onsに公開されていますが、同バージョンでは一時的にMacのデスクトップアプリとの機能統合が廃止されているので、利用される方は注意してください。
スポンサーリンク

おまけ

 また、AgileBitsは08月02日より1Password for Linux Development Previewの公開も始めているので、DebianやUbuntuユーザーの方はチェックしてみてください。

1Password for Linux