Webページ内にあるApp StoreリンクをQRコード化してくれるSafari機能拡張「AppLink」がリリース。

AppLink for Safari Safari
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Webページ内にあるApp StoreリンクをQRコード化してくれるSafari機能拡張「AppLink」がリリースされています。詳細は以下から。

AppLink

 Webページ内にiPhoneやiPadアプリのApp Storeリンクを見つけたさいに、そのリンクをAirDropや共有メニューからの共有ができないiPhoneやiPadへ送って開きたいときがありますが、そんなWebページ内のApp StoreリンクをQRコード化して共有できるようにしてくれるSafari機能拡張「AppLink」がリリースされています。

AppLink for Safari

With AppLink, simplify your life to download an application on your iPhone or iPad while you are in your Safari browser. During your navigation, AppLink automatically detects the links of the applications present on the web pages.

‎AppLink : qrcode app link – Mac App Store

 AppLinkはフランスのiOSエンジニアMichael Dardolさんが新たに開発&公開したSafari機能拡張で、Safari for Macで開いているWebページのNav要素内にApp Storeリンクがあると、Safariのツールバーアイコンで通知し、QRコード化して表示してくれます。

AppLink for Safari

 AppLinkのシステム要件はmacOS 10.15 Catalina以上のSafari (13)で、ダークモードにも対応しMac App Storeで無料で公開(プライバシー・ポリシー)されているので、興味のある方は試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました