Mac Pro (2019)はBootCampでWindowsを利用する場合に限り、NVIDIAのグラフィックカードが利用できるもよう。

スポンサーリンク

 Mac Pro (2019)はBootCampでWindowsを利用する場合に限り、NVIDIAのグラフィックカードが利用できるようです。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2019年12月10日、最大28-Core Intel Xeonと1.5TBメモリを搭載可能なMac Pro (2019)の販売を開始しましたが、同Mac ProはAppleのBootCampを利用し、Mac Pro上でWindowsを利用した場合に限り、NVIDIA製のグラフィックカードが利用できるようです。

Mac Pro (2019)とThird-party PCIe cards

Mac Pro では、外付けのグラフィックプロセッサ (eGPU) が対応しているのと同じ GPU を使用できます。Boot Camp をご利用で、NVIDIA カードを取り付けて Mac 上の Windows で使いたい場合は、このカードをスロット 2 には取り付けないでください。

Mac Pro (2019) に取り付け可能な PCIe カード – Apple サポート

 これはAppleが先程公開したMac Pro (2019)でサードパーティ製PCIeカードを利用する際の注意事項の中に記載されており、Mac Pro (2019)では現在macOSがeGPUでサポートしているのと同じAMD製GPUを利用することが可能なことに加え、BootCampを利用してMac Proに取り付けたNVIDIAカードをMac上のWindowsで利用したい場合はスロット2の使用は避けるようコメントされているため、

GeForce RTX 2080とMac Pro (2012)

Mac Pro (2019)ではWindows環境に限り旧タワー型のMac Pro同様NVIDIA製のグラフィックカードが利用できると思われるので、Mac Pro (2019)を購入された方は試してみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、NVIDIAは2019年11月17日にリリースしたCUDA ToolkitとNVIDIAドライバのアップデートを最後に、macOSでCUDA Toolkitのサポートを終了すると発表しています。

Support for macOS will not be available starting with the next release of CUDA.

コメント

  1. 匿名 より:

    もはや最初からWindowsマシンでいいじゃん、って話だよな。
    そこまでして使いたいならCUDAがメインだろうし、速いGPUを積んだWindowsマシンと安いMacの2台体制のほうが使い勝手がいいよね。