Mac mini (2018)にGPUを2台接続可能なPCIeスロットとM.2 NVMe SSDスロットを4つを増設できるDockステーション「Animaionic」がクラウドファンディングに登場。

スポンサーリンク

 Mac mini (2018)にGPUを2台接続可能なPCIeスロットと合計最大8TBのM.2 SSDスロットを4つを増設可能な「Animaionic」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しています。詳細は以下から。

ANIMAIONIC for Mac mini (2018)

 Appleが2018年10月に約4年ぶりにアップデートした「Mac mini (2018)」はIntelの第8世代CoreプロセスとThunderbolt 3 x4ポート、HDMI 2.0、USB-A x2ポートを搭載し拡張性に優れていますが、このMac mini (2018)にGPUを2台とM.2フォームファクタのNVMe SSDを4台接続可能なDockステーション「Animaionic」を英・ロンドンのAnimaionic Ltdが開発し、クラウドファンディングサイトKickstarterで開発資金を募っています。

ANIMAIONIC for Mac mini (2018)

ANIMAIONIC is an innovative approach to an integrated workstation, didicated to a Mac Mini computer. It has been designed for demanding graphic artists and all creatives expecting greater possibilities and customisation in a minimalistic structure and form.

ANIMAIONIC – turns your Mac Mini into a Workstation by ANIMAIONIC — Kickstarter

 AnimaionicはMac mini (2018)を上に載せ一体型にするタイプのThunderbolt 3 Dockで、正面向かって左側にeGPU用のGPUスロットが、右側後方にM.2 NVMe SSDスロットが配置されており、GPUスロットはAppleがサポートするAMD系のGPUを2台、SSDスロットには合計最大8TBのNVMe SSDを搭載可能。

ANIMAIONIC for Mac mini (2018)の両サイド

 背面にはMac mini (2018)の電源スイッチと連動するスイッチに加え、EthernetポートとUSB-C x1、HDMI、USB x2、3.5mmヘッドホンジャックが延長され、前面にはSDカードリーダーが1つ、底面にはGPUとSSDの電力を補うための電源が配置されているそうです。

ANIMAIONIC for Mac mini (2018)の前面と背面

 Animaionic Ltdはこのプロジェクトの目標金額を500,000ユーロ(約7千万)に設定しており、達成すればEarly BirdユーザーはAnimaionicを699ユーロ(約9万9千円)で1つ2020年05月に送ってもらえるそうですが、Animaionic Ltdのプロジェクトが今回はじめてなことと、金額から現在のところあまり支援者は集まっていないようです。

スポンサーリンク

追記

 Kickstarter用のプロモーション動画も公開されました。

コメント

  1. 匿名 より:

    これはLGの5Kにつないでパファーマンスはでるのかな

  2. 匿名 より:

    MacProみたいなパワーは要らないけれど拡張性は欲しい、って需要は確実にあるけれど、普通のGPU Boxと比べてアーリーバードでも高いから微妙だな。

  3. モリモトユア より:

    前面にUSB Type-Cポートが欲しかった

  4. 匿名 より:

    Phanteks Shift Evolv X ITXがMac miniを収めるのに丁度いいらしいですよ。