iOS 13.3のメッセージアプリでは迷惑メッセージに対する機能が強化されるのに伴い、ユーザーが送信したメッセージも迷惑メッセージとして送信される場合があるとしてAppleがサポートドキュメントを公開。

スポンサーリンク

 iOS 13.3のメッセージアプリでは迷惑メッセージに対する機能が強化されるのに伴い、ユーザーが送信したメッセージが迷惑メッセージとして送信される場合があるとしてAppleがサポートドキュメントを公開しています。詳細は以下から。


 Appleは現在、開発者向けに「iOS 13.3」のBeta版を公開し、その正式リリースが今週中にも予想されていますが、iOS 13.3ではメッセージアプリの機能が改善され迷惑メッセージの通知件数が最小限に抑えられるとともに、ユーザーが送信する所定のメッセージにも、その影響が現れることが予想されるとしてAppleがサポートドキュメントを事前に公開しています。

メッセージが迷惑メッセージとして配信されたという警告が表示される

iOS 13.3 では、メッセージ App の機能が改善され、迷惑メッセージの件数が最小限に抑えられていますが、その影響が、こちらから送る所定のメッセージにも現れる場合があります。

メッセージが迷惑メッセージとして配信されたという警告が表示される場合 – Apple サポート

 この様なサポートドキュメントはAppleがiCloudメールのDMARCポリシーにQuarantineを適用した際にも公開されていましたが、今回は「迷惑メッセージとして配信された」という警告が表示されるような機能が追加されており、

迷惑メッセージとして配信されたという警告

左から、連絡先アプリ、メッセージアプリ、設定アプリのメッセージ設定

その場合は、メッセージを送ろうとした相手に、自分の電話番号を連絡先に登録してもらう、相手からメッセージチャットを始めてもらう、新規チャットの発信元がApple IDでないかを確認するといった対処法が公開されているので、Appleのメッセージ(iMessage)をお使いの方はチェックしてみてください。

迷惑メッセージとして配信されたという警告が出た場合の対処法

  • メッセージを送ろうとしていた相手に、自分の電話番号を相手の連絡先 App に追加するようにお願いする。
  • メッセージを送ろうとしていた相手に、こちらにメッセージを送ってチャットを始めてもらうようにお願いする。
  • 自分のデバイスで、「設定」>「メッセージ」>「送受信」の順に選択し、「新規チャットの発信元」で自分の電話番号だけが選択されているか確認する。Apple ID が選択されている場合、メッセージが迷惑メールとして配信されます。