Xcodeのキャッシュを抽出/削除できるユーティリティ「DevCleaner for Xcode v2.0」がリリース。レガシィドキュメントやログの削除機能とコマンドラインツールを追加。

スポンサーリンク

 Xcodeのキャッシュを抽出/削除できるユーティリティアプリ「DevCleaner for Xcode v2.0」がリリースされています。詳細は以下から。

DevCleaner for Xcode v2.0

 DevCleaner for Xcodeはポーランドでインディーゲームなどを開発しているKonrad Kołakowskiさんが公開した開発者向けユーティリティで、”~/Developer”ディレクトリ内にあるiOSやwatchOS、tvOSシミュレーターやプロジェクトのキャッシュ、ログ、アーカイブなどを抽出し削除できる機能がありますが、このアプリが「DevCleaner for Xcode v2.0」としてメジャーアップデートしています。

DevCleaner for Xcode v2.0

This is a big update for DevCleaner, enjoy and clean even more space!
This update brings following improvements:

  • Ability to clean old (legacy) documentation
  • Ability to clean old logs
  • Command line tool!
  • Built-in help

リリースノートより抜粋

スポンサーリンク

DevCleaner for Xcode v2.0

 Konradさんによると、XcodeはMac App Storeからダウンロード&アップデートするさい、古い(レガシィ)なシミュレーターやデバイスのログ、古いXcodeのドキュメントをそのまま保存しているそうですが、DevCleaner for Xcode v2.0では新たに、これらのキャッシュの抽出と削除が可能になっており、

DevCleaner for Xcode v2.0

加えて、DevCleaner for Xcodeで確認できるキャッシュの情報をターミナル上に表示/キャッシュを削除できるコマンドラインツールdev-cleanerも同梱されています。

DevCleaner for Xcode

コマンドラインツールのインストールスクリプト

cp /Applications/DevCleaner.app/Contents/Resources/dev-cleaner.sh /usr/local/bin/dev-cleaner

Usage

DevCleaner 2.0.0
OVERVIEW: Reclaims storage that Xcode stores in caches and old files
USAGE: DevCleaner  [options]

OPTIONS:

    info
        Show all items available to clean.
    clean 
        Perform cleaning of given items. Available options: all,device-support,archives,derived-data,old-logs,old-documentation. If you want to clean all, pass "all"
    --help
        Prints this message

 DevCleaner for Xcodeのシステム要件はmacOS 10.14 Mojave以上ですが、アプリは無料でMac App Storeに公開され、開発はオープンソースで進められており、Konradさん今後もアップデートを予定しているそうなので、年末のMacの大掃除に利用して気に入った方はアプリ内課金でコーヒーでも奢ってあげてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Xcodeは実機繋いでデバッグしてたりすると恐ろしくゴミをため込んでる。