Mac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro」やTwitterクライアント「Tweetbot」などブラックフライデーセールがスタート。「Pixelmator Photo for iPad」は24時間限定で無料に。

スポンサーリンク

 Mac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro」やTwitterクライアント「Tweetbot」、VNCクライアント「Screens」のブラックフライデーセールが開始されています。詳細は以下から。

Tweetbot 3 for Twitter

 ブラックフライデーセールでPixelmator ProやTweetbot for Mac、Pastebot for Mac、Screens for Mac/iOSのセールが開催されています。

スポンサーリンク

Tweetbot

 Appleの公証サービスにより、公式サイトでの販売が開始された「Tweetbot for Mac」およびクリップボード拡張「Pastebot for Mac」のライセンスが40%OFFセールとなっています。

Tweetbot 5 for Twitterブラックフライデーセール

  • Pastebot(公式サイト版) : 9.99ドル → 6.99ドル
  • Tweetbot 5 for Mac(公式サイト版) : 9.99ドル → 6.99ドル

Pixelmator

 macOS 10.15 CatalinaやSidecar、Mac Pro (2019)をサポートしたグラフィックス・フォトレタッチアプリ「Pixelmator Pro」25%OFFセールで、24時間限定で通常販売価格610円のiPad用フォトレタッチツールPixelmator Photoが無料で提供されるそうです。

Pixelmator Photo for iPadは今年リリースされたばかりで、現在のところサブスクリプションではなく買い切りとなっているので、今ダウンロードすれば全ての機能が利用できます。

Screens

 VNCクライアント「Screens for Mac」が50%OFF、「Screens for iOS」が40%OFFセール中。セールは1週間(2019年12月03日ごろ)までで、公式サイト版はクーポンコードBF2019が用意されています。

Screens for Mac

その他

 また、昨日からMac用Webオーサリングツール「Sparkle」やMac/iOS対応のカレンダーアプリ「Fantastical 2」、Gitクライアント「Tower」Affinityシリーズなどのブラックフライデーセールも開催されています。

ブラックフライデーセール2019年11月26日