RSSリーダー「Reeder for Mac」がv4.1.2アップデートでReeder v3と同じCMD+クリックでのデフォルト・ブラウザ表示に対応。

Reeder v4.1.2 for Mac support cmd click Reeder for Mac
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 RSSリーダー「Reeder for Mac」がv4.1.2アップデートでReeder v3と同じCMD+クリックでのデフォルト・ブラウザ表示に対応しています。詳細は以下から。


 クロスプラットフォームに対応したRSSリーダーアプリReederシリーズを開発&販売しているスイスのSilvio Rizziさんは現地時間2019年07月21日、Reeder for Macをv4.1.2にアップデートし、記事リストエントリーをCommand + クリックでデフォルトブラウザを開くようにしたと発表しています。

Reeder  v4.1.2 for Mac support cmd click

スクリーンショットのポップアップはBrowserosaurusによるもの。

 Command + Clickでのデフォルトブラウザ表示はReeder v3でも採用されており、加えてReeder v4.1.2 for Mac/iOSではv4.1でサポートされたRead It Laterサービス「Pocket」との同期問題や、iOSアプリで画像ビューアを閉じる際のスワイプ抵抗が削減されているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Reeder for Mac

IMPROVED:

  • Cmd-click on an article list entry now opens the default browser (as it did in Reeder 3)

FIXED:

  • More Pocket sync issues. Pocket syncing should be completely fixed now. If you’re still seeing errors, you might want to try to do a full resync (see Pocket account settings) to get everything working correctly.
  • Crash when navigating the feeds list with up/down-arrow
  • Various other issues

Reeder for iOS

IMPROVED:

  • Reduced resistance when dismissing the image viewer

FIXED:

  • Possible crash when setting Firefox or SnowHaze as default browser
  • More Pocket sync issues. Pocket syncing should be completely fixed now. If you’re still seeing errors, you might want to try to do a full resync (see Pocket account settings) to get everything working correctly.
  • Various other issues

コメント

タイトルとURLをコピーしました