TapbotsのMac用クリップボード機能拡張アプリ「Pastebot」が約1年ぶりにアップデート。ペースト速度が大幅に改善しDvorakキーボードなどをサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 TapbotsのMac用クリップボード機能拡張アプリ「Pastebot」が約1年ぶりにアップデートし、ペーストスピードの改善やDvorakキーボードなどのサポートを行っています。詳細は以下から。

 Mac/iOS対応のTwitterクライアント「Tweetbot」シリーズなどを開発しているTapbotsは現地時間2019年02月08日、Mac用クリップボード機能拡張アプリPastebotを1年4ヶ月ぶりにアップデートし、Dvorak配列など複数のキーボードをサポートしたと発表しています。

Pastebot v2.2

Pastebot v2.2

  • Greatly improved paste speed
  • Support for Dvorak and other keyboards
  • Increased the sequential paste limit from 25 to 50
  • Fixed issues with drag/drop on Mojave

Pastebot – Tapbots

 アップデートされたPastebotはv2.2となり、複数のキーボードのサポートに加えて、ペーストスピードの改善およびユーザーが決めた順番に項目をペーストしていくシーケンシャル・ペーストの上限が25から50個に引き上げられ、macOS Mojaveでの不具合の修正も行われています。

Pastebot sequential paste limit

スポンサーリンク

おまけ

 また、開発者のPaul HaddadさんはPastebotのアップデートを昨年から計画し、macOS Mojaveにフル対応させようとしたものの、App Storeのレビュアーから4回リジェクトされたため、Mac App Store外での販売も考えているようですが、今の所Pastebotは価格1,200円でMac App Storeで購入可能で、14日間利用可能なトライアル版も公開されているので、興味のある方は試してみてください。