Mac mini (2018)のiGPU「Intel UHD Graphics 630」のVRAMはメモリをアップデートしても1.5GBで固定。

スポンサーリンク

 Mac mini (2018)のVRAMはメモリをアップデートしても1.5GBで固定されています。詳細は以下から。

Intel Core i7のロゴ。

 Appleが新たに発売を開始したMac mini (2018)はiGPUに「Intel UHD Graphics 630」を搭載し、メモリも通常のSO-DIMM(2666MHz DDR4 PC4-21300)を採用し増設が可能なため、旧Mac miniのようにメモリを増設することでVRAMの容量が増えるかと思い、

Mac mini (Late 2014)のVRAM

昨日ピックアップしたMac mini (2018)のメモリを8GBから16GBへアップデートしてみましたが、Mac mini (2018)のVRAMは1.5GB(1536MB)のままで変化ありませんでした。

Mac mini (2018)のIntel UHD Graphics 630

Intel UHD Graphics

Mac computers using Intel UHD Graphics as the primary GPU dynamically allocate up to 1.5GB of system memory.
Models with Intel UHD Graphics 630:

  • MacBook Pro (15-inch, 2018)

About integrated video on Intel-based Mac computers – Apple Support

 現在のところ、AppleはMac mini (2018)のVRAMの仕様を公開しておらず、サポートドキュメントもアップデートされていないので32GB/64GB時のVRAMは不明ですが、先程公開されたZDNet DIY-ITの動画では、Mac mini (2018)のメモリを8GBから32GBにアップデートしており、

その際のシステムレポートでもVRAMの値は1.5GBで変化なかったため(18:20辺り)、Mac mini (2018)のiGPUは最大1.5GBの共有メモリで固定されているようで、メモリを増設してもGPUパフォーマンスは増加は見込まれないため、Mac mini (2018)にグラフィックス性能を求められる方はeGPUを検討した方がよさそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    メモリを「アップデート」っておかしくないですか?