Intel HD Graphics 4000 GPUを搭載したMac mini (Late 2012)はメモリを増設し、OSをアップデートすることで割当てられるVRAMが最大3倍に。

スポンサーリンク

 Intel HD Graphics 4000 GPUを搭載したMac mini (Late 2012)はメモリを増設し、OSをアップデートすることで割当てられるVRAMが最大3倍になるそうです。詳細は以下から。

 昨日、Intel HD Graphics 4000 GPU搭載のMacをOS X 10.11 El CapitanにアップデートするとVRAMの割り当て分が増加という記事を公開しましたが、ラスベガスでMac miniのホスティングサービスを運営している”Mac mini Colocation”のBrian Stuckiさんによると、このGPUを搭載しているMac miniはメモリを増設およびOSをアップデートすることでVRAMの割当てが512MBから最大1536MBに増加するそうです(関連ツイート[1, 2, 3, 4])。

 Mac mini (Late 2012)はデフォルトでOS X 10.8 Mountain Lionがインストールされ4GBのDDR3 RAMを搭載していますが、RAMを16GBへ増設することでVRAMが768MBに、Mavericksへアップデートすることで1024MBへ増加するそうです。

Mac mini (Late 2014)のVRAM

 度々悪いと思いながらも確認していただいたところ、上図のようにVRAMが増加しており、Mac mini Colocationの情報と照らし合わせると

  1. メモリ(RAM)が4GBの場合、VRAMは512MB
  2. メモリを16GBに増設するとVRAMが768MBに
  3. メモリ16GBのmini (Late 2012)をMavericksへアップデートするとVRAMが1024MBに
  4. メモリ16GBのmini (Late 2012)をEl CapitanへアップデートするとVRAMが1536MBに

というようにRAMがVRAMに割当てられるようです。

 Intel HD Graphics 4000を搭載したMacはMac miniを除くとMacBookシリーズしか無いため、メモリを増設しVRAMが増設するのはMac miniだけだと思われますが、これにより画面共有のパフォーマンスが上昇するようなので、Mac mini (Late 2012)ユーザーの方は確認してみてください(4または8GBのままEl CapitanにアップデートするとVRAMがどうなるかは不明)。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    2012 miniは最後の名機

  2. Apple7743 より:

    Intel HD GraphicsはターミナルでゴニョゴニョすればYosemiteでもMavericksでもvRAM増やせるけどね。

  3. Apple7743 より:

    Mac mini Late 2012いいね。

  4. Apple7743 より:

    Mid 2012 MacBook Airでも増えてる気がする。

  5. Apple7743 より:

    2012年mac miniのi5capitanメモリ8GBでも1536MBと表示されてるよ

  6. Apple7743 より:

    4コアminiはもう出ないんだろうか

  7. Apple7743 より:

    mbp late 2012だけどあがってた
    no retinaね

  8. Apple7743 より:

    赤く塗れば良いよ。

  9. Apple7743 より:

    ※6
    2コアのみ、メモリー半田付け、円安で割高と極めて残念な機種になったからね
    インテル次第との話も聞くけどどうなんだろ?