Apple、Human Interface Guidelinesの「AirPlay Design Guidance」を拡張。

スポンサーリンク

 AppleがHuman Interface Guidelinesの「AirPlay Design Guidance」を拡張したと発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年08月24日、「Human Interface Guidelines(以下、HIG)」のAirPlayに関する項目をアップデートし、”Media Playback”などAirPlayに関する項目を拡張したと発表しています。

AirPlay Design Guidance

AirPlay Design Guidance Expanded
August 24, 2018
The Human Interface Guidelines for AirPlay now include best practices for designing a great media playback experience.

Design – What’s New – Apple Developer

 HIGのAirPlay項目に追加されたのはAVKitを利用してAirPlayストリーミング対応のアプリを開発する際の”Media Playback”やAirPlayアイコンに関するガイドで、Appleは昨日公開したAirMac用の新ファームウェアで2012年に発売され今年04月に販売を終了したAirMac Express 802.11n (第2世代)でAirPlay 2をサポートし、

米Sonoも昨日、アメリカとカナダで2018年12月01日よりAirPlay 2をサポートしたSonos Ampを発売すると発表しているので、AirPlayについては今後も様々な展開がされていきそうです。