一部のMacBook Pro (2018)では「macOS High Sierra 10.13.6追加アップデート2」適用後、スピーカーからクラック音が出る不具合が修正されたもよう。

スポンサーリンク

 一部のMacBook Pro (2018)では「macOS High Sierra 10.13.6追加アップデート2」適用後、スピーカーからクラック音が出る不具合が修正されたようです。詳細は以下から。

macOSのシステムに利用されているスピーカーアイコン

 Appleは昨日、MacBook Pro (2018)向けにmacOS High Sierra 10.13.6追加アップデート2を公開しましたが、このアップデートにはApple T2用の「BridgeOSアップデート」とオーディオドライバなどが含まれており

The 1.3GB update hasn’t been available long enough yet for any conclusive evidence from affected users, with mixed reports across the Apple Support Communities, Reddit, and our own MacRumors discussion forums.

Apple Says Latest macOS Supplemental Update Addresses Audio and Kernel Panic Issues on 2018 MacBook Pro – Mac Rumors

MacRumorsによると一部のユーザーはこのアップデートでiTunesやYouTubeなどの視聴中に発生していたクラック音が修正されたとApple Support CommunitiesやReddit、MacRumors Forumで報告しているようですが、アップデート適用後も引き続きクラック音がなるという報告も複数出ているようです。

onceARMY
Just updated and still getting audio crackling noise while playing Youtube content on Safari. No issues with the Spotify app.

New Supplemental update for Macbook Pro 2018 (Supplemental Update 2) – Reddit

スポンサーリンク

macOS Mojaveまで続く?

 また、この問題を報告していたIBMのエバンジェリストAntonio CangianoさんやMacRumorsのメンバーは現在Beta版のmacOS 10.14 MojaveにもApple T2のファームウェア・アップデートが含まれており、こちらを適用した後はクラック音がなくなったとコメントしているので、今回のアップデーでこの問題が直らなかった方は、macOS 10.14 Mojaveの公開までこの問題が続くかもしれません。

今回のアップデーでBoot Camp関連のドライバのアップデートは無かったため、Windows環境では引き続きクラック音が鳴るそうです。