macOS 10.14 MojaveではiPhoneのカメラを利用してMacアプリで利用する写真を撮る「Continuity Camera」が利用可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 MojaveではiPhoneのカメラを利用してMacアプリで利用する写真を撮る「Continuity Camera」が利用できるそうです。詳細は以下から。

iOS 10のカメラアイコン。

 Appleが2018年秋にリリースを予定している次期Mac用OS「macOS 10.14 Mojave」では、macOSとiOSデバイス間のクリップボードを共有するユニバーサル・クリップボードやApple WatchでMacのロックを解除できるAuto UnlockといったmacOSとiOS/watchOSの連携機能”Continuity”に新たに「Continuity Camera」という機能が追加されるそうです。

Continuity Cameraのデモ

 Continuity CameraはMacで作成しているKeynoteやPagesなどのドキュメントに利用する写真をiPhoneのカメラを利用してシームレスに撮影&転送するというもので、これまでAirDropで送り貼り付けていた手間が省けるとともに、書類や領収書をiPhoneのカメラで撮影すると瞬時にMacに転送されPDFで表示されるといった機能も利用できるそうです。

Continuity Cameraのデモ