Apple、Windows 10をサポートした「iTunes」をMicrosoft Storeで公開。

スポンサーリンク

 AppleがWindows 10をサポートした「iTunes」をMicrosoft Storeで公開しています。詳細は以下から。

iTunes 10のロゴ。

 Appleは現地時間2018年04月26日、音楽や動画、テレビ番組、Apple Musicなどが利用できるミュージックプレイヤーアプリ「iTunes」をMicrosoft Storeで公開しています。

Microsoft StoreのiTunes

iTunesは、PCでお気に入りの音楽、ムービー、テレビ番組などを楽しむための、最も簡単な方法です。 iTunesにはApple Musicもあります。Apple Musicでは、何百万もの曲やミュージックライブラリ全体を、オンラインでもオフラインでも視聴できます。広告はありません。新しい音楽も真っ先に入手でき、あらゆるジャンルの音楽のラジオ、厳選されたプレイリスト、Beats 1をライブまたはオンデマンドで入手できます。

iTunes – Microsoft Store

スポンサーリンク

既存のiTunes

 Microsoft StoreでのiTunesの公開は当初2017年末になると発表されていましたが、その後技術的な問題から公開が延長され約5ヶ月遅れでの公開となったようで、今回公開されたiTunesの最小システム必要条件はWindows 10 Version 16299.0以降のx86/x64 PCで同一アカウントで最大10台のPCにインストール可能で、

データは引き継がれるようですが既に公開されている公式サイト版のiTunesをインストールしているとインストール前に既存のiTunesの削除を求められるので、心配な方はバックアップを作成することをお勧めします。

続行する前に、既にインストールされたiTunesを削除する必要があります。今すぐ削除しますか?

コメント

  1. 匿名 より:

    秀丸エディタみたいに既存のものをストアアプリ化したのか

  2. 匿名 より:

    デスクトップアプリとは、共存できないんだな。
    ツイッター上ではそういう話がいくつかある。

  3. 匿名 より:

    注意が必要です。
    インストール順序 exe版→ストア版(デバイス認識せずアンインストール)→exe版(現在)

    exe版でバックアップしたデータがストア版インストールの際に移動してしまい、
    現在のexe版では復元できなくなりました。