Red Sweater、Mac用クロスワードパズルアプリ「Black Ink 2」のPublic Beta版を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Red SweaterがMac用クロスワードパズルアプリ「Black Ink 2」のPublic Beta版を公開しています。詳細は以下から。

Black Ink 2のアイコン

 WordPressやBlogger、Tumblr、TypePad、Movale Typeなどへの投稿をサポートしたMac用ブログエディタMarsEditシリーズを開発している元AppleのソフトウェアエンジニアDaniel Jalkutさんは現地時間2018年04月05日、2007年にリリースしたMac用クロスワードパズルゲーム「Black Ink」の次期アップデートとなる「Black Ink 2」のPublic Beta版を公開したと発表しています。

Beta Release Overview
Black Ink 2 is available now as a public beta: Download Black Ink 2.0b4. This update requires macOS 10.12 or greater.
Pricing for Black Ink 2 has not been finalized. New users may evaluate Black Ink 2 using the free 30-day trial.

Black Ink 2 Public Beta – Red Sweater Blog

 Black Inkは昨年12月にリリースしたMarsEdit 4のPublic Betaと同じく30日間無料で利用でき、システム要件はmacOS 10.12 Sierra以上で、Black Ink 1と比較してクルー(Clue)リストがメインウィンドウに統合された他、Retinaディスプレイ上での表示の修正やクルーのフォントサイズの変更なども修正されているそうで、

Black Ink 2 Public Beta

日本語のクロスワードパズルソースは用意されていませんが、Wall Street JournalやChronicle of Higher Education, New York Times Premium, American Values Clubといったサイトが配信しているAcross Liteフォーマットのパズルをダウンロードすることが出来るので、興味のある方は遊んでみて下さい。