Apple、iPhone 7の液体浸入インジケータの場所を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがiPhone 7の液体浸入インジケータの場所を公開しています。詳細は以下から。

iphone7-7plus-logo-icon

 Appleは現地時間9月16日、iPhone 7の「液体浸入インジケータ(LCI)」の場所をサポートページにて公開しています。液体浸入インジケータはiOSデバイスの水濡れを判定するもので、このインジケータが液体に触れると赤くなり、保証対象外の基準となります。

liquid-damage-to-iphone7-support

iPhone または iPod にコーヒーやソフトドリンクなどの液体がかかって損傷した場合、そのような水濡れによる損傷の修理は、Apple 製品 1 年限定保証や AppleCare Protection Plan (APP) の対象にはなりません。2006 年以降に製造された iPhone モデルおよび大半の iPod モデルには、本体に水または水を含む液体が浸入したかどうかを示す液体浸入インジケータが内蔵されています。

iPhone または iPod が水濡れにより損傷した場合は保証対象外

 サポートページによると、耐水性&防塵性が加わったiPhone 7シリーズのLCIはSIMトレーを引き出した中にあり、iPhone 6/6sシリーズの場所とほぼ同じすがサイズが大きくなっているようです。

iphone-7-and-6s-liquid-contact-indicator

iPhone とほとんどの iPod デバイスに内蔵されている液体浸入インジケータ (LCI) は、外側から視認できます。
LCI は、水または水を含む液体が接触すると反応します。LCI の色は通常の使用状態では白またはシルバーですが、水または水を含む液体に触れると、全体が赤くなります。製品の仕様で定めている動作湿度範囲内および動作温度範囲内の環境変化によって LCI が反応することはありません。

iPhone または iPod が水濡れにより損傷した場合は保証対象外

 iFixitによると、iPhone 7シリーズでは耐水性を上げるために新たにSIMトレイなどにゴム製のガスケットを施しているそうですが、既存のiPhoneシリーズと同様「液体による保証は対象外」とのことなので、気になる方は確認してみてください。