Apple、High Sierraでシステム環境設定の一部設定が「パスワードなし」または「ユーザー名なし」で変更できてしまう不具合をmacOS 10.13.3で修正。

スポンサーリンク

 AppleがHigh Sierraでシステム環境設定の一部設定が「パスワードなし」または「ユーザー名なし」で変更できてしまう不具合をmacOS 10.13.3で修正しています。詳細は以下から。


 Appleが2017年12月06日に公開したmacOS High Sierra 10.13.2では管理者アカウントの場合に、システム環境設定のApp StoreパネルがパスワードなしでUnlockされてしまう不具合や、システム管理者のパスワードがあればユーザー名なしで設定が変更できる不具合がりましたが、

macOS 10.13.2 High SierraのAny User nameバグ

本日リリースされたmacOS 10.13.3 High SierraではメッセージやSMBサーバーの不具合の他に、この問題も修正され正しいユーザー名とパスワードなしでは設定が変更できないようになっているので、High Sierraユーザーの方はアップデート後確認してみて下さい。

macOS 10.13.3でのシステム環境設定のパスワード問題