Webブラウザ「Vivaldi」が最新のスナップショットで、日本語を含むCJK言語の縦リーダーモードをサポート。

スポンサーリンク

 Webブラウザ「Vivaldi」が最新のスナップショットで、日本語を含むCJK言語の縦リーダーモードをサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

新しいVivaldi for Macのアイコン。

 ルウェーVivaldi Technologies ASは現地時間2018年01月17日、クロスプラットフォーム対応のWebブラウザ「Vivaldi」のスナップショット(Beta版)をバージョン1.14.1072.3へアップデートし、リーダーモードに縦表示を追加したと発表しています

So for today’s snapshot we have updated our reader mode to provide the option of displaying pages vertically for uses of Chinese, Japanese or Korean languages. This is especially nice because a vertical display is one of the default ways to view written text in these languages and has the additional benefit of making better use of screen real estate for text-heavy sites because of the aspect ratio of most modern devices (they are wider than they are tall).

Vertical Reader Mode | Snapshot – Vivaldi Browser

 リーダーモードはWebサイトのCSSや広告、ビデオなどの不要なコンテンツが省かれユーザーの設定したフォントやカラーでWebサイトを表示してくれる機能ですが、新しいスナップショットでは中国語、日本語および韓国語のCJK言語のWebサイトで縦表示のリーダーモードを使うことが出来ます。

Vivaldiブラウザの縦リーダーモード

 縦表示のリーダーモードはVivaldiの設定から[ウェブページ] → [リーダービュー] → [文字表示の方向]で設定することが出来、公式ブログにはWindows/macOS/Linuxバイナリが公開されているので、興味のある方は試してみて下さい。

Vivaldiの縦表示リーダービュー設定