Apple、macOSにS.M.A.R.Tを利用したSSDのエラー通知機能を追加。

スポンサーリンク

 AppleはmacOSにS.M.A.R.Tを利用したSSDのエラー通知機能を実装したそうです。詳細は以下から。


 Appleは2009年ごろよりユーザーが着脱できないMacBookにBuild-inバッテリーを採用し、メニューバーのバッテリーアイコンを[Option]を押してクリックすることで、バッテリー状態を確認できる機能を追加しましたが、本日公開されたサポートドキュメントによると、AppleはSSDの交換時期を通知する機能を新たに追加したようです。

macOSのバッテリー状態通知

バッテリーの状態を確認するには、「option」キーを押しながらメニューバーのバッテリーアイコンをクリックし、バッテリー状況のメニューを開いてください。バッテリーの状態として、以下のいずれかが表示されます。

  • 正常:バッテリーは正常に機能しています。
  • バッテリーの交換修理:バッテリーは正常に機能していません。適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。

Mac ノートブックのバッテリーについて – Apple サポート

スポンサーリンク

S.M.A.R.T.によるSSDの修理通知

 この機能がいつから追加されたかは記載されておらず問い合わせへの返答もありませんが、AppleはMacに搭載されたSSDのS.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)の値から”Bad Memory Blocks”が多く検出されるようになった場合、以下の様な通知を表示するそうで、

S.M.A.R.T.でbad memory blocksが検出された場合の通知

The Solid State Disk (SSD) in your Mac includes Self-Monitoring, Analysis, and Reporting Technology (S.M.A.R.T) hardware. This technology detects blocks of flash memory that have stopped working correctly.
An increased number of bad memory blocks can prompt this notification:

If you see a notification that says the SSD on your Mac needs service – Apple Support

この通知が表示された場合は、macOSのディスクユーティリティやサードパーティ製アプリでは修正できない深刻な問題が検出されたことを示しているため、可能な限りデータをバックアップし、Appleのサポートに問い合わせたり正規サービスプロバイダやApple Retail StoreにMacを持ち込むことを勧めています。