サービス開始から9ヶ月で定額制アプリ使用サービス「Setapp」に100アプリが登録。

スポンサーリンク

 サービス開始から9ヶ月で定額制アプリ使用サービス「Setapp」に100アプリが登録されたそうです。詳細は以下から。

定額制アプリ配信サービス「Setapp」のアイコン。

 米&ウクライナのソフトウェア会社MacPaw Inc.は現地時間2017年10月12日、同社が運営している定額制のアプリ使用サービスSetappの登録アプリがサービス開始から約9ヶ月で100アプリを超えたと発表しています。

Setappの登録グラフ

When we launched Setapp in beta, we had 47 apps in our collection. 47 developers who believed in the idea that was very much up in the air at the moment. To change the way people use Mac apps, subvert the software market, rearrange distribution model — a far-fetched dream that they agreed to share with us.Today, we have 100 apps and more are coming within weeks.

Spread the Word, Setapp has 100 Apps on Board – Setapp

 Setappは昨年Beta版が開始された時点では47アプリが登録されリリース時は61アプリでしたが、その後SandBoxに関連したアプリやAppleとの考え方の違いからMac App Storeを脱退したアプリ(開発者)がSetappサービスに参加していったことで100アプリの登録を達成したようで、

Setappのユーザービリティ

加えてSetappに参加させるアプリを厳選し、ユーザーが何のアプリをインストールしたかを機械学習させることで、PUPで溢れているMac App Storeより早く正確にユーザーが必要なアプリを提供できるようになっているそうです。

 Setappは今後ユーザーの多いスペインやフランス、ドイツ、ポルトガル語のローカライズを行い、数週間のうちにさらに登録アプリを追加するようなので、興味のある方は公式サイトやインフォグラフィックをチェックしてみて下さい。