計算機アプリ「PCalc」がアップデートし、macOSおよびiOS 11でのドラッグ&ドロップやAR, iPhone Xに対応。

スポンサーリンク

 計算機アプリ「PCalc」がアップデートし、macOSおよびiOS 11でのドラッグ&ドロップやAR, iPhone Xに対応したと発表しています。詳細は以下から。

iOS用多機能計算機アプリ「PCalc」のアイコン。

 1992年から開発が続けられているMac/iOSの定番計算機アプリ「PCalc」のMac/iOSアプリがそれぞれv4.5およびv3.7へアップデートし、macOSおよびiOS 11でのドラッグ&ドロップ機能や、iOS 11以降で拡張現実の世界で計算機を利用できる「PCalc AR」、および10月に発売が予定されているiPhone Xに対応したと発表しています。

計算機アプリPCalc for iOSがiOS 11とAR、iPhone-Xをサポート

PCalc v3.7

  • Added full support for iOS 11, including drag and drop support, and even a (silly) bonus AR calculator mode in the About screen in the Help.†
  • Support for the iPhone X.
  • Completely rewrote the display code. Many exciting things to come later which are now possible because of this, but some changes today!

リリースノートより

 iOS版PCalcのドロップ&ドラッグやAR機能はiOS 11からサポートされる機能で、ドラッグ&ドロップ機能は計算結果をドラッグし関数として使用できる他、

Mac版PCalcのドラッグ&ドロップ機能はOS X 10.8 Mountain Lion以降で利用可能です。

AR機能は開発者のJames ThomsonさんがiOS 11の新機能ARKitを利用してみたいという考えから追加された機能で、[help]メニューから[About PCalc]→[AR]でカメラにアクセスし、拡張現実上に表示された計算機で計算することが可能です。

Pcalc for iOS AR

AR機能は高負荷のためiPhone 7シリーズやiPad Pro以降のデバイスで利用することが推奨されており、それ以前のiOSデバイスを利用するとFPSが下がってしまうので注意して下さい。

  • PCalc – TLA Systems Ltd.