Appleが8月30日をもって第6世代iPod nanoをオブソリート製品へ追加したもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが8月30日をもって第6世代iPod nanoをオブソリート製品へ追加した様です。詳細は以下から。

第6世代iPod nanoのアイコン

 MacRumorsによると、Appleは2010年09月に発売した第6世代iPod nanoを2017年08月30日をもってビンテージ&オブソリート製品リストへ追加したとApple StoreやApple 正規サービスプロバイダ (AASP)へ通知したそうです。

Apple added the sixth-generation iPod nano to its internal vintage and obsolete products list on August 30, according to a memo distributed to Apple Stores and Apple Authorized Service Providers seen by MacRumors.

Apple’s Watch-Sized iPod Nano is Officially Obsolete – MacRumors

 第6世代iPod nanoは第5世代iPod nanoの様にクリックホイールやスピーカー、ビデオカメラ、マイクなどが廃止され、外見も正方形に近く現在のApple Watchサイズに近いサイズ(37.5 x 40.9 mm)となっていました。

iPod nano 第5世代と第6世代の比較

オブソリート製品とは、製造中止から 7 年以上が経過した製品です。Monster ブランドの Beats 製品は、ご購入時期にかかわらず、オブソリート製品の扱いになります。Apple では、例外なく、オブソリート製品に対するハードウェアサービスを終了しています。サービスプロバイダでも、オブソリート製品の部品は発注いただけません。

ビンテージ製品とオブソリート製品 – Apple サポート

 現在のところAppleの公式サポートページは更新されていませんが、Appleが2017年07月に「iPod nano」および「iPod shuffle」の販売を終了して以来iPodの価格が高騰しているので、必要な方は家電量販店やオークションサイトなどをチェックしてみて下さい。

2017年09月04日時点のVintage and obsolete products

コメント

  1. 匿名 より:

    > オブソリート製品とは、製造中止から 7 年以上が経過した製品です。
    そこだけを引用したらアカンよ。まるで第6世代iPod nanoが製造終了後7年経過したみたいに見えるじゃないか。
    今回のiPod nanoは製造終了から5年経ったので
    ・カリフォルニアとトルコではビンテージ入り(ハードウェアサポート継続)
    ・それ以外の地域ではオブソリート入り(ハードウェアサポート終了)