Macのシステムやハードウェア情報の一覧を表示してくれる「MachineProfile」がiMac/MacBook 2017シリーズやAPFSボリュームの識別に対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Macのシステムやハードウェア情報の一覧を表示してくれる「MachineProfile」がiMac/MacBook 2017シリーズやAPFSボリュームの識別に対応したと発表しています。詳細は以下から。

MachineProfileのアイコン

 TechToolやCheckmateなどを開発しているMicromat, Inc.は現地時間2017年06月14日、Macのシステムやハードウェア情報をまとめて表示してくれるMac用ユーティリティ「MachineProfile」をv1.2.3へアップデートし、WWDC 2017で発表されたiMacやMacBook Pro (2016)モデルをサポートしたと発表しています。

MachineProfileの画像。

バージョン 1.2.3 の新機能

  • APFS ボリューム識別のサポートを追加
  • iMac (21.5-inch, 2017) サポートを追加
  • iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017) サポートを追加
  • iMac (Retina 5K, 21.5-inch, 2017) サポートを追加
  • MacBook (Retina, 12-inch, 2017) サポートを追加
  • MacBook Air (13-inch, 2017) サポートを追加
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports) サポートを追加
  • MacBook Pro (13-inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports) サポートを追加
  • MacBook Pro (15-inch, 2017) サポートを追加
  • マシンと位置識別文字列を更新
  • その他の軽微な修正と改良

MachineProfile – Mac App Store

 また、同バージョンでは2017年秋にもリリース予定のmacOS High SierraでサポートされるAppleの新しいファイルフォーマット「APFS」のボリュームの識別に対応しており、High SierraでフォーマットしたSSDを[ドライブ情報]タブからチェックしてみたところ「APFS (Case-sensitive)」と表示されていたので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

APFS Case-sensitive on MachineProfile

macOS High SierraのAPFSはCase-insensitiveと-sensitiveの2種類存在し、デフォルトではCase-insensitiveとなるそうです。