Apple、macOS Sierra 10.12.5でAdobe InDesignがクラッシュしMacがフリーズしてしまう不具合を修正。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleはmacOS Sierra 10.12.5でAdobe InDesignがクラッシュしMacがフリーズしてしまう不具合を修正したようです。詳細は以下から。

Adobe InDesignのアイコン。

 Appleは現地時間2017年05月15日、macOS Sierraの5度目のメジャーアップデートとなる「macOS Sierra 10.12.5 アップデート」の提供を開始しましたが、同バージョンではmacOS 10.12.4で発生していたAdobe InDesign使用時のグラフィックスの不具合などが修正されているそうです。

Hi Philip,
I see some Intel Graphics Driver updates in 10.12.5. I am posting a link where i saw this information piece…
About the security content of macOS Sierra 10.12.5, Security Update 2017-002 El Capitan, and Security Update 2017-002 Yo…
-Aman

InDesign 2017CC Freezes MacOS Sierra 10.12.4 – Adobe Community

 この不具合はApple Support Communities[1, 2]やAdobe Community, Twitter[1, 2]などで報告されており、macOS 10.12.4へアップデートしたMacでInDesign CCを利用するとプロジェクト編集時にアプリがクラッシュし、Macがフリーズするというもので、

macOS 10.12.4を搭載したMacで発生するAdobe InDesign CCのフリーズ現象。

AdobeスタッフのAmanさんによるとmacOS 10.12.5ではIntel用グラフィックスドライバがアップデートされ、この不具合が修正されているそうなので、この不具合に遭われていた方はチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    アプリのバグじゃなくてOSのバグなのか・・・
    最近多過ぎるだろ

  2. 匿名 より:

    お仕事用は、10.11.6からあげれません