iOS 10.3ではiPhoneやiPadのバックアップが失敗すると設定アプリに通知を表示。

シェアする

スポンサーリンク

 iOS 10.3ではiPhoneやiPadのバックアップが失敗すると設定アプリに通知を表示する機能が追加されています。詳細は以下から。


 AppleはiOS 10.3でiOSデバイスに紐付けされているApple IDのアカウント情報へ設定アプリ上部からアクセスできるようにし、iCloudストレージの管理画面を刷新していますが、この他にもiCloudバックアップに失敗した際の通知機能も追加されています。

iPhoneバックアップに失敗

このiPhoneをバックアップするのに十分なiCloudの空き容量がありません。バックアップを続けるには、iCloudストレージを追加してください。

 バックアップに失敗した際の通知はアカウント情報下に表示される他、設定アプリにもアップデート時のようなバッジが表示され、[提案]としてiCloudストレージ上のファイルを整理するか、新たにストレージを追加(最大2TBまで)するかを求められ、


どちらかを実行する、またはiPhoneのバックアップ機能をOFFにするまでその通知が表示されているようです。