Microsoft、macOS 10.12 Sierraアップグレード後、Office 2016 for Macがクラッシュする不具合についてAppleと共に調査中。

シェアする

スポンサーリンク

 MicrosoftはmacOS 10.12 Sierraアップグレード後、Office 2016 for Macがクラッシュする不具合について、現在Appleと共に調査を行っているそうです。詳細は以下から。

Microsoft-Office-2016-for-Mac-logo-icon

 Microsoft CommunityやApple Support Communitiesなどによると、Sierraへアップグレードした一部のMacでWordやExcelなどOffice 2016 for Mac系のアプリがクラッシュする不具合が発生しているそうです。

microsoft-office-2016-for-mac-crash-after-sierra

I am facing an issue since i updated the os from El Capitan to Sierra last night, when you open Excel or Word it shows an error report, “Microsoft Excel has encountered a problem and needs to close”I sent the report to Microsoft, Re Started the program, re started the computer but unfortunately its still not working, and it’s kind of a bad situation since i use these apps at work almost everyday.

Office 2016 is not working after updating to Si… | Official Apple Support Communities

 この不具合についてはmacOSの「自動プロキシ検出」および「自動プロキシ構成」を無効にすることが一時的な回避策としてMicrosoft スタッフにより示されており、

macos-sierra-proxy-settings

Turning off “Auto Proxy Discovery” or “Automatic Proxy Configuration” is a possible workaround, if allowed by your organization’s network configuration. Contact your local network administrator for more information on your network settings.

Office 2016 Crash after upgrade to Mac Sierra – Microsoft Community

Microsoftは既にこの不具合を把握し、現在Appleと共に対応中で、何かあれば以下のサポートページにて告知すると発表しているので、学校や企業のネットワーク内でMacとOfficeを利用されている方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    またかって感じだな。
    OfficeはParallels上のWindowsで動かすものだと思ってる。

  2. 匿名 より:

    タイトルバーをダブルクリックするとOS設定を無視して最大化したり、OS仕様に乗っ取らない挙動が多すぎるんだよ。

  3. 匿名 より:

    ユーザーのプライバシーを侵害しようとしてosに蹴られたかのようなバグすな。
    MacKeeperより先にXProtectに追加されそう。

  4. 匿名 より:

    言い得て妙>>プライバシーを侵害しようとしてOSに蹴られる
    Office for MacはmacOSと設計から合わない部分多すぎてなあ……もっとメニューバー活用させろよと