OS X 10.11のプライベートフレームワークを利用したフライト情報確認アプリ「Flights」がリリース。

スポンサーリンク

 OS Xのプライベートフレームワークを利用したフライト情報確認アプリ「Flights」がリリースされています。詳細は以下から。

OS X 10.11 El Capitan Hero

 FlightsはWWDC for OS Xなどを公開しているブラジルのGuilherme Ramboさんが“macOS”のネーミングで話題になっているOS X 10.11 El Capitanから導入されたプライベートフレームワーク「FlightUtilities」を利用して開発したフライト情報確認アプリで、

Flights information tracker for OS X

This is a toy project made in half an hour to demonstrate what can be done with Apple’s FlightUtilities private framework 😁

Usage
Just launch the app and type a flight code (including the airline code). Example: AA24 for American Airlines flight number 24.

insidegui/Flights: Simple flight information tracker for OS X.

 AA24など便名を入力することで、その便の出発地、到着地の地図、出発時間などの運行状況を確認できます。FlightsはOS X 10.11以上で利用できるので興味のある方はGitHubへどうぞ。

関連リンク