OS X 10.11.4 El Capitanのメモアプリに追加されたEvernoteファイルのインポート機能の使い方と注意点。

スポンサーリンク

 OS X 10.11.4 El Capitanのメモアプリに追加されたEvernoteファイルのインポート機能の使い方と注意点のまとめです。詳細は以下から。

Evernote2Notes-Hero

スポンサーリンク

Evernoteのインポート機能

 Appleは本日、El Capitan 4度目のアップデートとなる「OS X 10.11.4アップデート」をリリースしましたが、この中には既に報道のあった通り、EvernoteのファイルをAppleのメモアプリに取り込む(インポート)機能が追加されています。

OS-X-10d11d4-release-note

林:その機能が便利過ぎて、これまでEvernoteに書いていたような内容を付属の「メモ」に書き込むことが増えてきました。

クロール:そういう人のために、実は間もなく「メモ」に「Evernote」の情報を取り込む機能を追加する予定です。

林信行がApple幹部に聞く:Appleと日本の特別な関係 (2/3) – ITmedia PC USER

インポート機能の使い方

 使い方は、まずEvernoteを起動し、メニューの[ファイル] > [ノートをエクスポート]か必要なファイルを選択し、ドラッグ&ドロップしてEvernoteのファイルを”.enex”形式でエクスポートします。

Import-Evernote-enex-file-into-Notes-img1

 次にメモアプリを開いてメニューの[ファイル] > [メモを読み込む…]から先ほどエクスポートしたファイルを選択すればEvernoteのファイルがメモアプリにインポートされます。

Import-Evernote-enex-file-into-Notes-img3

注意点

 これでEvernoteのファイルをAppleのメモアプリにインポートすることは可能になりましたが、以前 Larryさんが作成したApple Scriptでも同じだったように、EvernoteにはAppleのノートアプリには無いタグ機能や、Webクリップ、OCR機能などが搭載されているため、

 以上の動画の様に、Appleのノートアプリにこれらの情報を含んだファイルをインポートすると、中のメタデータが全て削除されてしまうため、Evernoteからの移行を考えている方は注意して下さい。

関連リンク