MacBook Pro Late 2016 Touch Bar搭載モデルのバッテリー駆動時間はさほど悪くはないものの、15インチのdGPU使用には注意。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (Late 2016) Touch Bar搭載モデルのバッテリー駆動時間はTouch Bar非搭載モデルと比較してさほど悪くはないものの、15インチのdGPU使用には注意が必要のようです。詳細は以下から。

battery-logo-icon

 Appleがスペシャル・イベント「hello again」で発表した新しいMacBook Pro Late 2016ファミリーのバッテリー駆動時間は全て最大10時間のワイヤレスインターネット(Wi-Fi)閲覧が可能とされていましたが、

MBP 2015 13″ MacBook
Early 2016
MBP 2016 13″
Touch Bar非搭載
MBP 2016 13″
Touch Bar搭載
MBP 2016 15″
Touch Bar搭載
バッテリー駆動時間&スペック
Wi-Fiブラウジング 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
iTunesムービー 最大12時間 最大11時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
バッテリー容量 74.9Wh 41.4Wh 54.5Wh 49.2Wh 76.0Wh
CPU&SoCスペック
CPU i5-5257U
2.70 GHz
m3-6Y30
1.10 GHz
i5-6360U
2.00 GHz
i5-6267U
2.90 GHz
i7-6820HQ
2.7 GHz
TB 3.10 GHz 2.20 GHz 3.10 GHz 3.30 GHz 3.60 GHz
TDP 28 W 4.5 W 15 W 28 W 45 W
Touch Bar 2170 x 60px
ディスプレイ
Touch Bar
SoC
Apple T1
技術仕様 Link Link Link Link(仮) Link(仮)

13インチTouch Bar搭載モデルはTDP15WのCore i5-6360Uを、Touch Bar搭載モデルはTDP28WのCore i5-6267Uを採用しており、後者はApple T1 SoCと2170 x 60pxのタッチディスプレイを搭載しているため、バッテリー駆動時間が問題視されていましたが、

Arsの行ったバッテリーベンチマークによると、Wi-Fiによるブラウジングテストは13インチTouch Bar搭載モデルが781分(約13時間)、13インチTouch Bar非搭載モデルが961分(約16時間)時間と、非搭載モデルの方がバッテリー駆動時間が+3時間となっているものの、どちらも公称値を超えており、悪い結果にはなっていないそうです。

battery-life-bench-wi-fi-macbook-pro-late-2016-img1

Our battery testing bears this out. The Touch Bar-equipped Pro’s battery life is by no means bad, but it is quite a bit lower than the $1,499 MBP (and slightly lower than the 2015 MBP) in our light Wi-Fi Web browsing test.

Review: Touch Bar MacBook Pros give an expensive glimpse at the Mac’s future – ArsTechnica

 ただし、dGPUを搭載した15インチTouch Bar搭載モデルは注意が必要で、iGPU時は13インチTouch Bar非搭載モデル並のバッテリー駆動(933分:約15.5時間)が可能ですが、dGPU使用時は半分以下の449分(約8.3時間)となってしまうため、購入された方はシステム環境設定の[省エネルギー]タブ → [☑グラフィックスの自動切り替え]オプションをONにしておくことをお勧めします。

dgpu-macbook-battery-option

For the 15-inch model, I ran the Wi-Fi test twice—once with switchable graphics enabled and once with the dedicated GPU on all the time. When it can lean on the integrated GPU, the battery life is pretty good. When it’s hitting the dedicated GPU, even lightly, battery life is significantly reduced. This is par for the course with the 15-inch Pro, and I’d encourage you to leave the switchable graphics option on.

Review: Touch Bar MacBook Pros give an expensive glimpse at the Mac’s future – ArsTechnica

コメント

  1. 匿名 より:

    iGPUでちゃんと節約できて、本気出すときにはdGPUでしっかり仕事してくれるのはOK

  2. 匿名 より:

    薄くなったのに今までと遜色なく(今までより良い?)電池もつのすばらしい

  3. 匿名 より:

    > グラフィックスの自動切り替えオプションをONに
    残念ながらこれではホイホイとdGPUに切り替わるので強制的に止めた方が良い。15インチとは統合GPUに固定したまま使うもの。

  4. 匿名 より:

    MBP15インチとか映像か音楽扱う時しか起動しないしバッテリー気にしないよ……