Appleが昨日サイレントアップデートで配布したセキュリティアップデートが原因でiMacやMacBookのEthernetポートが利用できない状態に。

スポンサーリンク

 Appleが昨日(PST 27日)にサイレントアップデートしたセキュリティアップデートが原因でiMacやMacBookのEthernetポート(有線LAN)が利用できない不具合が発生中だそうです。詳細は以下から。


Mac-iMac-Hero


 TwitterやReddit, MacRumors Forumによると、Appleがここ数日の間(PST 27日以降?)に配布したセキュリティアップデートが原因で、iMacやMac mini, MacBookのEthernet用ドライバ「AppleBCM5701Ethernet」が壊れる不具合が発生しているそうです。


 このアップデートはサイレントアップデートで適用されているため、ユーザーは自動的にEthernetポートが利用できなくなるそうで、MacRumors Forumなどのユーザーは、まだEthernetポートが利用できているユーザーは以下のコマンドか、システム環境設定の[App Store]で「システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール」をOFFにすることを勧めています。


AppStore-AutoUpdate

softwareupdate --schedule off

 また、既にEthernetポートが利用できなくなった方は以下の解決策を試してみてください。

追記

 JST 2月28日13時現在、Appleはこの不具合を修正したAppleKextExcludeListアップデートと、正式なサポートドキュメントを公開しています。


Ethernet-stop-update

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    昨日はiMacでAppleIDが通らなかったけど何でかな?

  2. Apple7743 より:

    この問題私のMac miniでもなってます。
    LANケーブルは他のPCと接続してチェックしたので多分確実かと…。

  3. Apple7743 より:

    ディスクアクセス権修復で治りましたよ。ディスクユーティリティのFirst Aid適用で。よくわかりませんが。

  4. Apple7743 より:

    ※1
    それはそれで別問題のようで、
    自分もこの前認証しなくてソフトウェアキーボード使って入力したら通過した…よくわからんがストアはここ最近よく認証の拒否返答が返ってくるな。