AMD、OS X 10.11 El Capitanに向けてGPU・OpenCLドライバを大きく改善。Blenderなどの3DCGツールが恩恵を受けられるもよう。

スポンサーリンク

 AMDがOS X 10.11 El Capitanに向けてGPU・OpenCLドライバのアップデートを行っており、Blenderなどの3DCGツールが恩恵を受けられるようです。詳細は以下から。


Blender-on-El-Capitan-Hero


AMDとBlender

 先月10日、AMDはDeveloper Blogで「AMDはオープン・ソースプロジェクトBlenderのレンダリングエンジンBlender CyclesがGPUコンピューティングをサポート出来るように改善を請け負いました」という記事を公開し、

Blender is a free, open source 3D animation suite. Blender includes the Cycles render engine. The Cycles engine converts a 3D model into the 2D representation you see on the computer screen, using ray tracing technology.

[…]
AMD undertook to improve the support for GPU compute inside Blender Cycles.

[Collaboration and Open Source at AMD: Blender Cycles – AMD]

 Windows環境でCPUのみ/AMD A10 7800B APU/dGPU(Radeon HD 7970 (Tahiti))を使用しBlenderでのリンダリング時間を比較したデータを示していましたが、


RenderTime2

For the CPU Only and APU Compute tests, we used an AMD A10 7800B APU. The computer had 8 GB of memory. We were running Windows® 8.1. For the discrete GPU test, we used a Radeon™ HD 7970 (Tahiti).

As noted earlier, ray tracing is very mathematically intense. Without GPU compute, rendering this model took a bit more than 38 minutes. The APU test took 9:38. With the Radeon graphics card, 1:42.

[Collaboration and Open Source at AMD: Blender Cycles – AMD]

 Blenderbの元開発者で現在Blender財団の会長を務めるオランダのTon Roosendaalさんによると、AMDチームはさらに現在Beta版が公開されているOS X 10.11 El CapitanでもGPUドライバを改善、OpenCL Megalithic Kernelも使用可能で「固く荒い面のBSDF(双方向散乱分布関数)」「透明な影」「カメラやオブジェクト、ゆがみでのモーションブラー」「髪の毛」などの機能がサポートされているそうです。

AMD on OSX

AMD team who’s working on OSX drivers for El Capitan (OS X 10.11) did really nice work on improving the driver which is now capable of compiling and running OpenCL megakernel. The following features are supported:

・Hard and rough surface BSDF
・Transparent shadows
・Motion blur (camera, object, deformation)
・Hair
[Dev:2.6/Source/Render/Cycles/OpenCL – BlenderWiki]

 これらの機能はOS X 10.11 El Capitan Developer Beta 3からサポートされており、Blenderではこれに対応した”Blender 2.75 compiled 15 July 2015“を公開しています。


Blender-2-75-2015-07-15-Hero

その他のアプリやNVIDIAも

 また、以前「OS XのOpenCL GPUドライバが壊れており、OSの一部となっているため我々はどうしようも出来ない」という記事を公開していたレンダリングエンジン”LuxRender”の開発チームもEl Capitan Beta 4で以前レンダリングできなかったLuxMarkが正確に使用できることを確認したそうです。

Let’s start with a bit of good news. I just tested beta 4 of El Capitan, aka OS X 10.11, and there are drastic improvements in the OpenCL drivers. We are now able to render one of the scenes from LuxMark that were not rendering before.

[News, news, news – – Preta3D]

 先日 NVIDIAもMacProだけではなくiMacやMacBookもサポートしたCUDA用ドライバのBeta版を公開しており、El CapitanではMetalを使用したアプリだけでなく、GPGPU分野のアプリも恩恵を受けそうです。


QUADRO-and-GEFORCE-Mac

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    サンボル接続の外付けGPUがフルに使えるようになればいいな