Apple、OS X 10.11 El CapitanでJava 6のサポートを終了することを示唆。


 AppleはOS X 10.11 El CapitanでJava 6のサポートを終了するようです。詳細は以下から。


 OS X上で古いAdobe CSやEclipse、Flash Builderなどを使用する場合、Java SE 6のランタイムが求められることがありますが、Appleが公開しているOS X 10.11 El CapitanのリリースノートによるとAppleはEl CapitanをJava 6ランタイムやその他ツールをサポートする最後のOS Xとするようです。

Adobe- Eclipse-require-Java6-SE

Note:OS X El Capitan is the last major release of OS X that will support the previously deprecated Java 6 runtime and tools provided by Apple. Applications or features that depend upon Java 6 may not function properly or will not launch when Java 6 is removed. Developers should move to a newer version of Java as provided by Oracle. For more info on Java from Oracle:

[OS X v10.11 Release Notes – Apple Developer]

 ComputerworldのGreggさんはこのサポート終了について「Appleは2009年にリリースしたMac OS X 10.6 Snow LeopardでJavaを同梱したのを最後に、2010年にリリースしたOS X 10.7 Lionからマニュアルインストールの形にし、非推奨ながら配布&サポートを行ってきましたが、Oracleは2013年3月に既にJava 6のサポートを打ち切っているため、AppleはEl CapitanをJava 6をサポートする最後のOS Xとするようだ」とコメントしており、

Also of note is that El Capitan will be the last major release of OS X to support Java 6, the software Oracle retired in March 2013 and Apple deprecated in 2010. Apple last bundled Java with its Mac OS as of 2009’s Snow Leopard; 2011’s Lion did not include the software, although users could manually install it themselves.

[Apple sticks to schedule, releases second El Capitan beta – Computerworld]

 さらに「Windowsプラットフォームやエンタープライズ部門では2014年でもまだ40%以上のPCでJava 6が動いており、(AppleがEl CapitanでJava 6のサポートを打ち切ると発表したことで)職場でJava 6を使用しているMacユーザーは次のOS Xで窮地に立たされるだろう」と推測しています。



While most Mac users don’t miss Java much, those who use Apple’s computers in the workplace might be stymied with the next OS X if, as promised, the operating system doesn’t support the creaky-but-still-widely-used Java 6.

According to Wolfgang Kandek, the chief technology officer of Qualys, Java 6 remained popular in enterprises during 2014. By the end of the year, Qualys’ scans showed that over 40% of all client personal computers — the vast majority of them Windows PCs — were running Java 6.

[Apple sticks to schedule, releases second El Capitan beta – Computerworld]

 今朝調べた方法で、とりあえずOS X 10.11 El CapitanでもJava SE 6をインストールすることが出来、Adobe CSシリーズも起動することが確認出来ましたが、OS X 10.12ではどうなるか分かりません。




  1. Apple7743 より:

    さらばAdobe CS…

  2. Apple7743 より:


  3. Apple7743 より:


  4. Apple7743 より:


  5. Apple7743 より:


  6. Apple7743 より:

      彡 ⌒ ミ ザワザワ…

  7. Apple7743 より:


  8. […] (課金制)のCC(Creative Cloud) がその代わりになるということです。(参考記事:私はAdobe CS6ユーザーなので、今のところJAVA6をインストールして、El Capitanを […]

  9. […] をサポートしないため、Adobe CSシリーズには対応せず、サブスクリプション(課金制)のCC(Creative Cloud) がその代わりになるということです。(参考記事: […]