MacBook (Early 2015)とMacBook Pro (Retina, Early 2015)の感圧タッチトラックパッドはMacBook (Early 2015)のトラックパッドの方が若干大きいらしい。

スポンサーリンク

 MacBook (Early 2015)とMacBook Pro (Retina, Early 2015)で新たに採用された「感圧タッチトラックパッド」は両者でサイズが若干違うようです。詳細は以下から。


MB-Early-2015-Force-Touch


 以前「iFixitの分解レポートによるとMacBook (Early 2015)とMacBook Pro (Retina, Early 2015)に搭載されている感圧タッチトラックパッドのデザインが違う」という記事をまとめましたが、これに対して複数の方から「12インチMacBookと13インチMacBook Retinaのトラックパッドではサイズが違う」という指摘や画像の提供を頂いたので比較してみました。


New-MacBook-Early2015-Force-TrackPad-Shape2

 まず感圧タッチトラックパッドのサイズですが、Appleの公式サイトにあるMacBookの画像を横幅のスケールを合わせて重ねあわせると以下の様になり、MacBook (Early 2015)の感圧タッチトラックパッドの方が横長になっているのが分かります。


MacBook-Pro-Retina-and-MacBook-Early-2015-Force-Touch-Size

 感圧タッチトラックパッドだけを切り出して重ねてみると、MacBook (Early 2015)のサイズは11.2cm x 7.0 cm、MacBook Pro (Retina, Early 2015)のサイズは10.1cm x 7.3 cmと前者の感圧タッチトラックパッドの方が若干大きくなっているのが分かります。


MB-and-rMBP-Force-Touch-Only-Size

 また、MacBook Pro (Retina, Early 2015)のシステム環境設定の[トラックパッド]に表示される動画も違うそうで、購入者の方から提供していただいたチュートリアル動画(リソースファイル)も複数用意されているようです(画像提供:良さん)。


MB-and-rMBP-ForceTrackpad-mov

 ただ、使用できる機能についてはAppleが公開したサポートページにあるものが全てなので、MacBook (Early 2015)とMacBook Pro (Retina, Early 2015)の感圧タッチトラックパッドで機能の違いなどは無いようです。(従来の13″ rMBPと新しい13″ rMBPの感圧タッチトラックパッドのサイズの違いは動画の6:50辺りから)




関連リンク:
MacBook – Apple

MacBook Pro with Retina display – Apple

新しいMacBookに搭載されている感圧タッチトラックパッドの「Force Click」で出来る15個の隠れた機能まとめb.hatena