WebKit、iOSシミュレーター用ビルドオプションを追加。WebKit for iOSの独自ビルドが可能に。

スポンサーリンク

 WebKitがiOSシミュレーター用ビルドオプションを追加し、WebKit for iOSの独自ビルドが可能になっています。詳細は以下から。


iOS-Simulator-of-WebKit-selfbuild2


 WebKitb.hatenaはAppleが中心となって開発を進めているSafariのレンダリングエンジンですが、WebKit blogによると2015年1月27日以降のWebKitのNightly BuildからWebKit for iOS Simulator(iOSシミュレータ用のSafari)のビルドオプションを追加したそうです。


Building-WebKit-for-iOS-Simulator-Blog

I am proud to formally announce that you can now build and run top-of-tree WebKit for iOS in the iOS Simulator. We have updated the pages on webkit.org with details on building for iOS Simulator.

[Building WebKit for iOS Simulatorb.hatena – Surfin’ Safari Blog]

ビルド方法

1.MacAppStoreからXcode 6.1.1以降をインストール。


Xcode-MacAppStore

2. WebKitのサイトからコードをダウンロードし解凍。

$tar jxvf WebKit-SVN-source.tar.bz2

3.webkitディレクトリに移動してXcodeのコマンドラインツールを有効に。

$cd webkit
$sudo ./Tools/Scripts/configure-xcode-for-ios-development

4.”–ios-simulator”のオプションを付けてWebKitをビルド。

$./Tools/Scripts/build-webkit --ios-simulator

5.最後に”–ios-simulator”オプションを付けてWebKit(Safari)を起動すると、WebKit for iOS Simulator(iOS Simulator)が起動します。

$./Tools/Scripts/run-safari --ios-simulator

 WebKit for iOS Simulatorはデバイスが「iPhone 5s For WebKit Development」になっている以外は、XcodeのiOS Simulatorと同様の機能となっているようなので、早期に次世代Safariを試してみたい方はどうぞ。


WebKit-Development-iOS-SImulator-Hero

関連リンク:
Building WebKit for iOS Simulatorb.hatena – Surfin’ Safari Blog

コメント

  1. Apple7743 より:

    お!これでiOS 9が出る前にMobile Safari 9でWebサイトのドラフトテストできるわけか!ありがたい!