Mac mini Late 2014の内部にアクセスするためには底面カバーを吸盤で押す必要がある?

スポンサーリンク

 Mac mini Late 2014の底面カバーの構造は今までのものと違うかもしれないそうです。詳細は以下から。


 フランスのMacGenerationに「Apple Storeの分解ガイドの写真」として掲載されている画像には「底面カバーに吸盤カップ(suction cup)を付けて押す」という記述があり、


macgpic-1413792000-52196573773154-op

1. Clean the underside of the suction cup with an alcohol wipe to remove any residual dirt of dust before pressing the suction cup onto the bottom cover.

>吸盤カップで底面カバーを押す前に、吸盤カップの底をアルコールを使いゴミを綺麗にして除去する。

2. Gently push the clean suction cup onto the center of the bottom cover.
> 底面カバーの中央に吸盤カップを置き押す。

 この画像が本物ならストレージを変更する際、Late 2012までのMac miniの様に単に底面カバーを回して開けることは出来なく、Mid 2009以前のMac miniを開けるヘラの様に(特殊な?)吸盤が必要かもしれません。


Mac-mini-Mid2009-Late2012-Openbottom
[Slash your way inside Apple’s Mac Mini – The Register]

[Mac mini:メモリの取り外し方法と取り付け方法b.hatena – Apple]

関連リンク:
Mac mini 2014 : plus difficile à ouvrir et plus lent ? – MacGeneration

AppleがMac mini Late 2014に4コアのHaswellを採用しなかったのはSocketが問題?b.hatena


コメント

  1. Apple7743 より:

    ヘラの次はスッポンか

  2. Apple7743 より:

    開腹許すとSSD売れねーもんな
    サンボルにSSD繋ぐのが今回は鉄板だろうな

  3. Apple7743 より:

    あとメモリもな。

  4. Apple7743 より:

    >開腹許すとSSD売れねーもんな
    >サンボルにSSD繋ぐのが今回は鉄板だろうな
    いくら本体をMiniにしても植物人間よろしく全身管だらけになるのか
    proにしてもAppleのサンボル推しって誰得なんだろうか

  5. Apple7743 より:

    >>4
    ThunderboltはIntelとAppleがパテント持ってるからね。
    自分が特許持ってるところの製品押すのは当たり前なんだが、Blu-rayとHD DVDの時みたいにユーザーは飛んだとばっちり受けるよね。