iMac with Retina 5K displayはDisplayPort 1.2 x2と専用に設計されたTCONで5Kでもリフレッシュレート60Hzを実現している?

スポンサーリンク

 iMac with Retina 5K displayは専用にデザインされたTCONと2つのDisplayPort 1.2で5K@60Hzを実現しているのではないかという噂です。詳細は以下から。

iMac-Retina-5K

 スペシャルイベントでのKeynoteでSVPのPhil Schillerは「4倍の帯域幅を持ったAppleのカスタムデザイン TCON(Timing Controller)」とiMac with Retina 5K displayのタイミングコントローラを説明していましたが、これは2つのDisplayPort 1.2で5K@60Hzを実現するために設計されたのではないかという話題が上がっています。

iMac-with-Retina-display-Timing-Controller

To tell all those pixels what to do and when, Apple needed to develop a new type of timing controller, or “TCON.” The chip used in non-Retina iMacs simply wouldn’t have been able to keep up. Apple’s new TCON has an effective bandwidth of 40Gbps, which
provides enough power to keep all 14.7 million pixels in the display running smoothly.

How Apple made the Retina 5K display in the new iMac – Geek.com

独自のTCON

 iFixitの分解レポートによるとこのTCONはParade Technologies社のDP665コントローラーがベースになっているそうで、

iMac-with-Retina-display-Timing-Controller

このタイミングコントローラはDP663のカスタム版だと推測され、DP663は

  • 最大解像度:2560 x 1700 
  • VESA:DisplayPort 1.3サポート
  • eDP:1, 2または4レーンで1.62, 2.7Gbpsをサポート

という仕様なのでAppleはこれをカスタムして5K@60Hzを実現しているようです。

DP663-block
[DP663 – 4 Lane eDP 1.3 PSR Tcon
Parade Technologies, Ltd]

 また、AppleのプロダクトマネージャーCameron Rogersさん(と思われる)のツイートによると「iMac with Retina 5K displayは2本のDisplayPort 1.2を使用して全画質で60Hz動作」が可能のようで、今年度中に発売されるDell UltraSharp 27 Ultra HD 5K Monitorと同じ方式をとっているようです。

 また、いくつかの検証[1, 2]やAppleSupportへの電話 [2]で5K@60Hzは出力可能なものの、

 ExtermeTechの様に
ゲームがディスプレイの半分しか映らない現象から「5K(5120×2880)表示時は30Hzになっているようだ」としている記事もあるので使用するアプリやドライバーによっては30Hzの振る舞いをするのかもしれません。

One of the major questions regarding Apple’s 5K display is whether or not it would be a 30Hz or 60Hz panel. We’ve had an opportunity to see some demonstrations of gaming on the 27-inch iMac with 5K Retina display and can confirm that it’s a 30Hz panel
when operating in 5K mode. Below 5K, the panel shifts to 60Hz, though we couldn’t confirm exactly when the 60/30 shift occurs. It’s a 60Hz panel up to at least 2560×1440.

If this panel indeed uses an overclocked DisplayPort 1.2 signal, as we discuss below, it could be 60Hz up to 4K (3840×2160). DisplayPort 1.2 is capable of providing an SST link of 60Hz at that resolution. It’s still a beautiful display regardless,
and many may argue (with justification) that the 30Hz limit is inconsequential because the GPU inside the system — a fairly weak mobile AMD GPU — can’t drive gaming above 30 fps at 5K anyway.

ちなみに、5K@60Hzなら24bitカラーで

5120 x 2880 [pix] x 24 [bpp] x 60 [Hz] = 21,323,664,000 [bps] ~ 21.3[Gbps]

となり(CVT-R2規準では22.18Gbps)、5KのThunderbolt Displayがリリースされ使用できるようになるにはDisplayPort 1.3(Thunderbolt 3)が必須となります。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    タイトルがおかしいですよ
    「iMac with Retina 5K displayのはDisplayPort 1.2 x2と専用に設計されたTCONで5Kでもリフレッシュレート60Hzを実現している?」