メールのヘッダー情報から発信元を特定し地図上に示してくれる迷惑メール判定に役立つMac用アプリ「Mail Detective」が期間限定で無料セール中。

スポンサーリンク

 メールのヘッダー情報からメールの発信元を特定し地図上に示してくれるMac用アプリ「Mail Detective」が期間限定で無料セール中です。詳細は以下から。

 ウェブサービスなどにメールアドレスを登録すると様々なメールが来ると思いますが、そのメールのヘッダーからIPアドレスを抜き出し、送られてきたサーバーがある場所をマップ上に示してくれるのがこの「Mail Detective」です。


Mail-Detective-Hero

 使い方はメーラー(Mail.appやAirmail, Mail Pilot, Outlook 2011, Postboxなど)からメールを直接アプリにドラッグ&ドロップしてやるだけです。


Mail-Detective-Feature-1

 公式か迷惑メールか分からないようなメールを判定するために開発されたアプリだそうで、この前来たスクウェア・エニックスを装ったSPAMメールb.hatenaを判定した結果が以下の通り。


Mail-Detective-Feature-2-Square-Enix-Spam-Mail

 メールの送信元IPのみを「geoip.subclassed.com:80」へ送るので(公式サイト)インターネット接続が必要ですが、「メールが他の場所に送られるんじゃないか心配」という人用にヘッダーのRecived情報をコンテキストメニュー(右クリック)かドラッグ&ドロップでMail Detectiveに送る方法も用意されているそうです。


Mail-Detective-Feature-2-Square-Enix-Spam-Mail3

*Apple Mail.appの場合メニューバーの[表示] > [メッセージ] から[すべてのヘッダ (Shift + Command + H)」でヘッダが表示されます。

Mail Detective 300円 → 無料

Mail Detective
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2014/05/31


コメント

  1. Apple7743 より:

    これって悪用されたらまずいんじゃないか?

  2. Apple7743 より:

    悪用ってどのように?

  3. Apple7743 より:

    そりゃ迷惑メール以外の・・・
    例えば出会い系とかで知り合ったメールの送り主の発信元とかかな?

  4. Apple7743 より:

    *3
    マジレスするとヘッダのReceivedから経由サーバー探すサービスなんていくらでもあるよ。
    http://www.iputilities.net
    ただある程度偽装もできるから完全に正しいわけではない。

  5. Apple7743 より:

    いただきました。情報ありがとうございます。

  6. Apple7743 より:

    >3
    だからそれがどのように悪用されるのかって聞いてるんですけど。
    出会い系の相手のメールの発信元調べてどう悪用されるの?
    悪用を防ぐのには使えると思うけどね。

  7. Apple7743 より:

    まあ、おおよその目星はつくわけで
    後は自分でそのくらい考えろ。そんなことも分からんのは知らんわw

  8. Apple7743 より:

    出会い系なんてやってないから思い浮かばんわw
    まあ悪用されると勘違いしたんだろう