Mac上のファイルやフォルダを隠しファイルにしてくれるアプリ「Hider」が無料セール中。

スポンサーリンク

 Mac上の特定のファイルやフォルダを隠しファイル/フォルダにしたりパスワードをかけたりしてくれるアプリ「Hider」が無料セール中です。詳細は以下から。

Hider(旧MacHider)はGeminiCleanMyDriveを提供するMacPaw Inc.の隠しファイル作成アプリです。


Mac-Hider-Hero2

 使い方はHiderを起動して、隠したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップしパスワードを設定、


Mac-Hider-Passwd2

最後に[Hide]トグルをONにすればシステムからファイルが見えなくなります(*Finderからは見えませんが、Terminalで見れば.SYS_INDEX中に移動されているのが分かります)。また、隠したいファイル/フォルダだけを選択して隠すことも可能です。


Mac-Hider-Hide-On

その他にも
・隠しファイルをグループフォルダ分け出来る「カスタムグループ」機能

・急にファイルを隠したい場合、メニューバーから簡単に操作できる「Quick Hide」機能

・USBメモリや外付けHDDを他人のMacにつないでも隠しファイル状態にしてくれる「External Drives Hider」機能

・Hiderが急にクラッシュしたり、Macが再起動した場合でも自動で隠しファイル&パスワードロックをしてくれる「AutoHide」機能

などが備わっています。


Mac-Hider-Passwd3

Hider 1000円 → 無料

Hider
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2011/03/16


コメント

  1. Apple7743 より:

    グループファけ

  2. Apple7743 より:

    いただきました。情報ありがとうございます。