WWDC 2017に対応し、フィルタリング機能などを搭載した非公式Mac用アプリ「WWDC for macOS v5」がリリース。

スポンサーリンク

 WWDC 2017に対応し、フィルタ機能などを搭載した非公式Mac用アプリ「WWDC for macOS v5」がリリースされています。詳細は以下から。

WWDC v5 for macOSのアイコン。

  Appleは本日、iOS/Apple Watch/tvOS用「WWDC」アプリをアップデートしましたが、 ブラジルのGuilherme Ramboさんが開発&公開している非公式のMac用WWDCクライアント「WWDC for macOS」もAlpha/Beta版を経てWWDC 2017に対応したWWDC for macOS v5をリリースしたそうです。

WWDC v5 for macOSのメインウィンドウ。

The unofficial WWDC app for macOS

WWDC for macOS allows both attendees and non-attendees to access WWDC livestreams, videos and sessions during the conference and as a year-round resource.

insidegui/WWDC: The unofficial WWDC app for macOS – GitHub

 WWDC for macOS v5は新たにUIを刷新した他、WWDC 2017のSessionの視聴に対応しており、Session/Labイベント, iOS/macOS/tvOS/watchOSプラットフォーム,
Featured/Media/Developer Toolsなどのトラックでフィルタリングを行えるようになっており、今まで同様ビデオや資料のダウンロードにも対応しています。

WWDC for macOS v5のVideo Bookmark機能。

 Ramboさんは今後、開発者のためのWWDCコミュニティ用アカウント機能(実装されていますがサービスは機能していません), iCloudでの同期機能やAirPlay, Chrome Castのサポート, Touch Barのサポートなどを行いたいとコメントしているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。