Dropboxのドキュメント作成&共有サービス「Paper」のMac用非公式クライアント「Paper for Mac」がリリース。

スポンサーリンク

 Dropboxのドキュメント作成&共有サービス「Paper」のMac用非公式クライアント「Paper for Mac」がリリースされています。詳細は以下から。


 PaperはDropboxが2015年から開発を始め、今年1月に正式リリースしたWebベースのドキュメント作成&共有サービスですが、このPaperのMac用 非公式クライアント「Paper for Mac」をFrontデザイナーのWilliam Boutさんが公開しています。

Paper for Mac
🖥 Unofficial Dropbox Paper client for macOS

williambout/paper-for-mac: 🖥 Unofficial Dropbox Paper client for macOS – GitHub

使い方

 Paper for MacはWeb版Paperをラッパーしただけですが開発者署名付きなのでGitHubからダウンロード&インストールし、DropboxかGoogleアカウントでログインすれば、

後はWeb版Paperの機能がそのまま利用できます。Paper for MacのコードはMITライセンスで公開されており、

同様のアプリに「Paper by Dropbox」や「Dropbox Paper for Mac」も公開されているので、Paperユーザーの方は利用してみてください。