Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がv2.01へアップデートし、Touch Barウィジェットをサポート。

スポンサーリンク

 Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がv2.01へアップデートし、Touch Bar上に輝度やボリュームスライダー、Apple Scriptの実行結果などを表示するウィジェット機能を追加したと発表しています。詳細は以下から。


 Macの入力支援ツール「BetterTouchTool(以下BTT)」を開発しているドイツのAndreasさんは現地時間2017年01月30日、BTTをv2.01へ正式にアップデートし、Touch Bar上に輝度やボリュームスライダー、Apple Scriptの実行結果などを表示することが出来るウィジェット機能を追加したと発表しています。

BetterTouchTool 2.01 (January, 30, 2017)

  • BTT’s fully customizable Touch Bar is now working pretty well and makes the Touch Bar really powerful 🙂
  • Touch Bar widgets (Remaining Battery Time, Time/Date, Emoji, Brightness & Volume sliders and a powerful customizable Apple Script widget
  • Touch Bar Groups/Folders
  • Improved support for the Macbook Pro 2016
  • Significant performance improvements for some users
  • Delay before key repeat option
  • Stability improvements & Bugfixes
  • There have been many internal changes, if you encounter any issue, please let me know here: github.com/fifafu/BetterTouchTool.

Touch Barウィジェット

 Touch Barウィジェットは既にアルファ版で利用可能になっていましたが、v2.01でレギュラー版でも利用可能になっておりTouch Bar上に以下のウィジェットを追加することが可能になっています。

  • 日時
  • 絵文字
  • アプリスイッチャー
  • 輝度/ボリュームスライダー
  • バッテリー駆動時間の残り
  • Apple Scriptの実行結果


 使い方はBTTのTouch Bar設定から[+Widget] → [Select Touch Bar Widget]でウィジェットを選択&追加するだけなので、ユーザーの方は試してみてください。