I-O Data、LAN DISK X/Aシリーズを「Time Machine」に対応させるAppleShare追加パッケージを公開。

スポンサーリンク

 I-O DataがLAN DISK X/Aシリーズを「Time Machine」に対応させるAppleShare追加パッケージを公開しています。詳細は以下から。


 アイ・オー・データ機器は2017年01月25日、2016年に発売したNAS「LAN DISK X/Aシリーズ」用のAppleShare追加パッケージを新たに公開し、新たにNASを「Time Machine」のバックアップ先に設定できることが可能になったと発表しています。

Macに標準搭載されている自動バックアップ機能「Time Machine」にLAN DISK X/A※シリーズが対応しました。LAN DISKに今回新規リリースする「AppleShare」パッケージを追加することにより、Time Machine機能を使ってLAN DISKをMacのバックアップ先として設定することが可能になります。
※2015年以前のLAN DISK Aシリーズは、既に対応済み。

Macユーザー必見!LAN DISK X/Aシリーズが「Time Machine」に対応 – IODATA アイ・オー・データ機器

 個人向けで新たにTime MachineをサポートするのはHDDを1台搭載したHDL-AAシリーズと、2台搭載可能なHDL2-AAシリーズで、両シリーズに対応した追加パッケージはこちらに公開されているので、ユーザーの方はパッケージを適用してみてください。